teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2018年 9月 2日(日)13時13分30秒
返信・引用 編集済
         死に至る病

 コリン星人の死亡原因の第一位は、いじけ
死にと言われています。この物語はその事案
に基づいています。

 一九八〇年代中期。千葉県M市のK小学校
でそれは起こった。
 その日、六年三組の教室では算数の授業が
行なわれていた。
 中年の男性教諭Aは、黒板に複数の計算問
題を大きく書いた。
 「この問題が解ける者、手を上げろ―」
 A教諭は言った。しかし、誰も挙手しない。
 「じゃあ、お前答えろ」
 「は…はい―」
 少年Bはおどおどした表情で椅子から立ち
上がった。両手の人差し指を付けたり離した
りしながら視線を足元へ落した。
 「…コリンコリ~ン、コリンコリ~ン、コ
リンコリ~ン…」
 「なんなんだっ、どうしたんだっ!?」
 A教諭は叫んだ。
 B少年は奇妙なつぶやきをやめなかった。
彼の目は瞳孔が開き、体が小刻みに震えてい
た。
 「ウゲッ!ガボゲボガボガボガアァー!」
 彼の口から、緑色のヘドロのような物質が
大量にあふれ出た。
 生徒たちはパニック状態になり、一斉に壁
際へ逃げた。
 教諭は黒板に背中を密着させ、大きく口を
開けたまま顔を硬直させた。
 B少年は床に仰向けに倒れたまま、尚も緑
色の物質を吐き続けていた。マスタードに似
た強烈な刺激臭が教室内に充満していた。
 四人の生徒は、B少年を担いで大急ぎで保
健室へ運んだ。女性の保険医はB少年をベッ
ドに寝かせた。
 少年の顔は薄い紫色で、白目をむいていた。
 まもなく、救急車が学校に到着した。救急
隊員二人が担架を持って保健室に駆け込んだ。
 保険医が、青ざめた表情でベッドの方を指
さした。
 ベッドの上には、眼球と臓器と骨を残して
ドロドロに溶けたB少年が横たわっていた―。

 コリン星人は、難しい事を考え過ぎると死
んでしまうのです。特に子供の死亡率が高く
なっています。
 地球でのコリン星人の平均寿命は短く、六
〇歳ぐらいとされています。社会不安や格差
が拡大すると更に死亡率が上がる傾向にあり
ます。








 
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2018年 4月30日(月)21時38分5秒
返信・引用
      ああ、情けない・・・

 4月28日。土曜日。
 久しぶりに、府中市矢崎町の市民体育館に
行って来た。ビームライフル一般開放の日だ。
 館内の射撃場に入り、貸し出し用のビーム
ライフルを持って標的の前に立つ。
 滑り止め加工を施した手袋を左手にはめ、
銃を構える。机の上の補助台で銃身を支え、
椅子に座っての射撃だ。
 ピープサイトを右目で覗き、10メートル先
の電子標的を狙う。標的は5円玉より小さく
見える。
 トリガーガードの外に出していた人差し指
を引き金にかける。
 銃声が響き、モニターに5点が表示された。
着弾位置は右下だった。
 結果は、10発のうち10点は3発だった。
 机に肘をつく姿勢での射撃は、9点が2発、
あとは2点や8点だった。10点はなかった。
 立射については悲惨だった。0点が3発も
あった。1点や9点が続き、最後に10点が1発
だけ出た。
 我ながらへたくそだ。鍛えなおしてから、
再びここへ来るつもりだ。



 
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2018年 2月12日(月)19時51分27秒
返信・引用
            宇宙エネルギー発電

この物語は事実に基づいておりますが、登場する人物名や団体名などは全て仮名です。

 東北地方を襲った巨大地震により、福島県の原子力発電所が大爆発した。地響きにも似た爆音と共に、巨大な白いきのこ雲が天高く立ち昇った。
 その様子が、テレビの画面に映し出された。ニュースキャスターが、興奮した口調で被害状況を伝えていた。
 元総理大臣でコリン星人の鳩ヶ谷勇樹は、世田谷の邸宅でテレビを見ていた。彼は書斎のソファに座って鳩ザブレーをつまみにワインを飲んでいた。
 「俺の言うとおりにしていればこんな事にならなかったものを・・・」
 鳩ヶ谷は口の端を歪めた。手にしていたワイングラスをガラス製テーブルの上に置いた。

       夢の崩壊

 鳩ヶ谷が駆け出しの議員だった頃の事だ。彼は当時、原子力に代わる新エネルギーの開発を推進していた。それは、宇宙エネルギー発電である。
 宇宙エネルギー発電とは、宇宙から地球に降り注いでくる宇宙線をパラボラアンテナで受信して発電するシステムである。宇宙線は無限でしかも只であり、自然環境を汚さない。この発電システム一基で、関東地方の電気を全て賄える。これにより、原子力発電はいらなくなる。
 鳩ヶ谷は国会で、宇宙エネルギー発電の必要性を熱っぽい口調で主張した。
 だが、議会席から否定的な意見が飛んだ。
 「そんなもんで発電できんのか?」
 「宇宙エネルギーなんかあるわけねえだろっ」
 「非科学的だっ」
 「幼稚園からやり直せ!」
 議員達の聞くに堪えない悪口が議会場に響いた。鳩ヶ谷の思いは砕かれた。
 仕方がなく、鳩ヶ谷は独自に宇宙エネルギー発電計画を進めようと決意した。
 そんな時、同胞の議員、麻草大介が資金援助を申し出てきた。鳩ヶ谷は麻草が嫌いだった。しかし資金不足でどうにもならない状態にある。彼は麻草の資金援助を受ける事にした―。
 埼玉県鳩山町の静かな農村地帯に、巨大なパラボラアンテナが建設された。宇宙エネルギーを受信するためのものだ。それと、受信したエネルギーを電気に変える変電施設も兼ねている。
 町の自治会館に地元住民が大勢集まっていた。
 壇上に立った鳩ヶ谷は、住民達に宇宙エネルギー発電の必要性と利点を説いた。しかし、ここでも否定的な言葉が飛び交った。
 「そんな子供だましな装置で発電できるんですか!? 」
 「国民の血税をそんなインチキ発電に使うとは言語道断だ!!」
 住民達は騒ぎ出した。壇上に小石や空き缶が飛んできた。鳩ヶ谷は逃げるよう退場した。
 ある夜の事。
 パラボラアンテナの制御室から爆音と共に火の手が上がった。室内に並んだコンピュータなどの計器類が瞬く間に炎に覆われた。
 施設近くのプレハブ小屋に寝泊りしていた労働者達は、爆音でベッドから飛び起きた。
 労働者達は消火器を炎に向かって噴射した。だが,巨大化した炎は制御室全体を覆いつくし、消火器では歯が立たなかった。
 まもなく、消防車がやって来た。消防隊員達の高速放水により火災は鎮火した。
 次の日。新聞は火災の事を大きく取り上げていた。
 インチキ発電所焼失!
 国民の血税が一瞬にして灰に!!
 紙面には、ほとんど誹謗中傷に近い言葉が躍っていた。
 地元の警察が火災現場を調べたところ、焼け跡から目覚まし時計の残骸が発見された。他にも、水道管の破片が出て来た。何者かが破壊工作を行った事は明白だった。
 同じ頃、外務省の機密費が不正流用される問題が発生した。しかも、億単位もの大金が短期間になくなっていたのだ。
 議会は、真っ先に鳩ヶ谷に疑いの目を向けた。鳩ヶ谷は必死になって疑惑を否定した。しかし、議員の中で彼の主張を信じる者はいなかった。しかも、彼を擁護する者もいなかった。
 こうして、鳩ヶ谷は議員活動が出来ない状態に追い込まれてしまった。
 政府は、宇宙エネルギー発電の研究・開発は非科学的なものという見解を示した。これにより、日本は原発だらけの国になってしまったのである。

       報復

 埼玉県吉見町にある百穴射撃場は快晴に恵まれていた。
 麻草大介はこの射撃場でクレー射撃を楽しんでいた。上下二連発の散弾銃を構え、空に向けて狙いを付けた。
 雲一つない青一色の空を、機械で放出された円盤型の標的が横切った。
 麻草は人差し指を引き金にかけ、ゆっくりと引いた。
 雷鳴にも似た銃声と共に標的は砕け散った。
 彼は銃を折り曲げ,薬室の中の空薬莢を排出した。彼は銃が好きだった。空を飛ぶ標的を散弾銃で撃っていると、日頃の憂さが一気に晴れる。
 麻草がベンチに座っていると、黒い背広を着た側近が素早く歩み寄ってきた。
 「先生、お手紙でございます」
 側近は封筒を彼に差し出した。
 封筒には、鳩ヶ谷勇樹、と差出人名が印刷されていた。
 「あのエセ博愛主義者か・・・」
 麻草は頬の片側を歪めて嘲笑った。
 早速、封筒を開けてみた。中から一枚の紙が出て来た。

 次の漢字の読みを答えよ。
 翌檜。百日紅。蒲公英。吾亦紅。棗。
 海豹。海豚。鸚鵡。獺。秋刀魚。
 衣魚。蠍。斑猫。蜻蛉。飛蝗。
 栗鼠。朱鷺。家鴨。蝙蝠。蟷螂。

 麻草の顔が凍りついた。瞳孔が開き、心臓の鼓動が急激に早まった。蒼白な顔に汗がにじむ。
 「ゲボガボゲボガボガーーーー!!」
 彼は手紙を放り出し、深緑色のヘドロ状物質を口から吐きながら床の上に勢いよく倒れた。
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2017年12月19日(火)21時50分47秒
返信・引用
       隣の殺人事件

 朝7時30分。5階建てアパートの出入
り口に、警察官が二人立っていた。
 建物の近くには、パトカーとワゴン型特
殊車両が止まっている。
 「事故でもあったのかな……」
 私は歩きながら、二人の警官を横目で見
た。
 私は自宅アパートの隣にある駐輪場に来
た。そこに止めてある原付バイクに乗り、
走り出した。
 ―夕方5時30分。私は家に帰って来た。
ダイニング・ルームには、隣に住む姉がい
た。父と話をしていた。
 「ねえ、知ってる? 近所で殺人事件が
あったのよっ」
 姉は新聞の夕刊を広げ、私に見せた。
 「62歳の夫が妻を包丁で殺害」と小さ
く載っていた。
 記事によると、妻は末期の乳がんを患わ
っており、夫は妻を楽にしてやろうと思い
犯行に至ったという。
 「自分の家の至近距離で殺人事件が起こ
るとは……」
 私の口から思わずため息が出た。





 
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2017年12月 5日(火)19時06分30秒
返信・引用
       労働者の黙示録

   怪物に 労働意欲 吸い取られ

 大量の木製建具が、工場の生産ラインを切
れ目なく通過する。
 しかし、私の方には仕事が流れて来ない。
 大量の製品がベルトコンベアで流れている
光景を、ただ眺めている他ないのだ。
 私が自ら仕事をしようとすると、上司はこ
う言う。
 「それはお前の仕事ではない」
 ―えっ、それはないだろ!
 私は心の中で叫ぶ。
 怒りに全身が震え、息が苦しい。
 私の職場には怪物が徘徊している。
 奴は労働者から、積極性と自尊心を盗む。
 もはや労働者にとって勤勉と実直さは無意
味だ。
 私自身も怪物に取り憑かれた。
 労働意欲が湧いて来ない。
 しかし、私はあきらめない。
 作業服の内ポケットに拳銃を忍ばせ、工場
に向かう。
 隙あらば、拳銃で怪物の心臓を撃ち抜く。
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2017年11月27日(月)22時30分50秒
返信・引用 編集済
                  日本民族再生計画

 この物語は、一部事実に基づいておりますが、登場する人名・団体名などは全て仮名です。

3月11日。午後2時45分。
 突如として大地が大きく揺れた。
 室内の棚に置かれた物が悉(ことごと)く床に投げ出され、家具や電化製品が倒れた。
 家々の窓ガラスが粉々に砕け散り、屋根の瓦がバラバラと剥がれ落ち、地面に降り注いだ。
 大きく競り上がった大量の海水が、東北沿岸部の諸都市に襲いかかった。禍々しい茶色の渦巻く水が地上にある全てを薙ぎ倒し、飲み込んだ。港の漁船、家、高層ビル、自動車、人、家畜―あらゆる物が水の奔流に消えた。
 破壊された都市は、瓦礫と化した家屋と横倒しになった乗用車、多数の人々の死体で埋め尽くされていた。遠くから、子供の泣き声と悲鳴が交錯して聞こえた。空は火災の煙によって灰色に染まり、太陽は不鮮明に見えた。
 ―都庁の執務室で、東京都知事の右原慎次郎はテレビを見ていた。彼は高級な唐木製の机の上に両肘を突き、しっかり組み合わせた両手を顔の近くで小刻みに震わせた。
 テレビの画面は、瓦礫に埋め尽くされた東北の被災地を映し出した。ニュースキャスターが興奮した声で被災状況を伝えていた。
 右原は椅子から立ち上がった。そして執務室を出た。
 彼はトイレの「大」の個室に入った。
 洋式便器に座った彼は携帯電話を背広のポケットから取り出した。それを使って部下たちに緊急召集をかけた。
 数十分後、小会議室に右原の部下が集まってきた。3、40人程だ。彼らは席に座った。
 会議室の窓には黒いカーテンがかけられ、室内は薄暗くなった。だが、壇上だけはスポットライトで明るく照らされた。
 ドアが開き、右原慎次郎が入ってきた。彼は壇上に立つなり、発言を始めた。
 「今、わが国は、ご存じのとおり危機に瀕している。だが、この未曾有の危機は日本再生の好機でもあるのだ。
 最近の日本人は乱れきっている。この大災害で乱れた人々を洗い流し、その後に理想にかなった人間を産み満ちさせる必要がある。
 まずそれには少子化対策が大事だ。では、諸君に問う。少子化の最大の原因はなんだ?」
 「はい―」
 若い男性が挙手した。紺色の背広を着ていた。
 「女性が育児をしながら働ける企業環境がない事、それと男性が育児に参加しにくい企業環境に原因があると思われます」
 「いや、ちがう。それはだな―セックスできない男が増えたからだ!!
 本来は、男は女を強姦して一人前だったのだ。男とは、女を押し倒してチン●をマ●コにぶち込んで子孫を作るのがあるべき姿だったのだ。
 現代のわが国では女が権力を持つようになってしまった。そのため、セックスできない男が増えてしまった。それが少子化の原因である。
 しかし、これからは違うぞ。この大災害による混乱に乗じて強姦する男が増える。それにより少子化は比較的短期間で解消する。同時に乱れきった社会も浄化されるであろう」
 「・・・・」
 議員席に座った部下の顔には、苦しそうな笑みが浮かんでいた。皆、口を小さく開けたまま、放心したような目を右原に向けていた。
 だが、後ろの席に座った若い男だけは、繊細な唇を歪め、鋭い目を光らせていた。右手に持ったボールペンの先を右原に向けていた。
 ―鳩ヶ谷勇樹は書斎でテレビを見ていた。画面には右原が演説する姿が映っていた。
 「右原の野郎、本当に碌(ろく)な事言わねえなあ・・・」
 ソファに深々と座った鳩ヶ谷はテレビのスイッチを切った。ビデオデッキからディスクを取り出し、それをケースに入れた。
 彼は机の上にある電話を取った。
 「おい、ちょっと来てくれ」
 と、言った。
 1分程して、書斎のドアが開いた。
 「失礼します」
 ダークグリンの背広を着た大柄な若い男が一礼して入ってきた。
 「ちょっとした仕事があるんだが、やってくれるか?」
 鳩ヶ谷は声を潜めて言った。男にディスクを入れたケースを差し出した。
 「はい、わかりました」
 男はディスクを受け取ると軽く一礼し、部屋を出た。
 鳩ヶ谷はにやけていた。これで右原の奴も終わりだ。
 数日後。ネットの動画投稿サイトに、右原の演説映像が映し出された。
 右原の事務所や都庁に市民からの抗議電話が殺到した。職員が連日連夜その対応に追われた。
 動画サイトに映し出された自分自身の演説映像を見た右原はショックを受けた。暗い谷底に回転しながら転落する気分を味わった。
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2017年 8月 3日(木)20時17分44秒
返信・引用
                会回島の鬼婆事件

 初投稿です。どうかよろしくお願いします。
 この物語は、私の祖母から聞いた話に基づいています。

 その昔、会回島という小島に加来林子(からい・りんこ)という少女が住んでいた。
 島の中心には小さな泉があり、その脇の大岩に掘った洞穴(ほらあな)に林子は住んでいた。
 彼女には鳥を操る能力があり、島の民から生き神として崇められていた。
 彼女が住む洞穴のそばには、擂鉢(すりばち)状の大穴がある。そこには鬼婆が住むと噂され、島の者は誰も近づこうとしない。
 ある日の事。林子はいつものように鳥を操っていた。彼女の頭上を鳥の大群が飛び回り、やかましく鳴いていた。
 ギャーギャー、ギャーギャー、ギャーギャー、ギャーギャー。
「うるさあああああぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~い!!」
 地面の大穴から、耳を劈くような大きな怒鳴り声が飛び出した。
 林子は驚き、地面にしゃがみ込んだ。鳥の群れが次々と墜落した。
 大穴から鬼婆が姿を現わした。顔は皺だらけでバサバサに乱れた髪は真っ白だった。皮と骨の痩せた体に黒い着物を着ていた。
 「なぁ~ぜわしの眠りを邪魔するゥ~」
 鬼婆はしゃがれ声で言った。
 「お前の方こそうるさいではないか―」
 林子は立ち上がった。赤い袴に付いた土埃を両手で払った。
 「鳥がびっくりして全部伸びてしまったではないかっ」
 彼女の周りを鳥の死骸が埋め尽くしていた。みんな腹を見せて死んでいた。
 鬼婆は彼女の言葉に答えようとせず、大穴に戻っていった。
 林子は鳥の死骸を集めた。そして地面に小さな穴を掘り、そこに鳥を葬る。
 夕方までに、一九九三基の墓が出来た。それらは土を盛り上げた小さな墓だ。
 次の日。林子は洞穴の中で、壷に入れた液体を木の杖でかき回していた。
 程よくかき回したところで壷に蓋をし、洞穴の奥の暗く涼しい場所に置いた。
 一年後。壷の中の液体は発酵し、酒となった。
 林子は酒入りの壷を持って、鬼婆の住む大穴に行った。
 「私と友達になって下さい。お酒をお持ちしました」
 彼女は壷を鬼婆に差し出した。
 鬼婆は大いに喜び、ゴクゴク音を立ててそれを飲んだ。
 「うっ・・・!」
 鬼婆はその場に倒れた。大きく目を開けたまま動かなかった。それを見て林子はニヤリと笑った。
 彼女は大穴の奥に入った。そこには二人の少年がいた。
 二人は加取先固羽(かとりせんこう)と、五気不里(ごきぶり)と名乗った。
 「ブーーーッ!」
 彼女は思わず噴出してしまった。
 五気不里は色白で繊細な容姿をしていた。だが、右足が膝から下が欠損していた。
 林子は鬼婆の口から入れ歯を外した。それには歯が四九九三本もあった。
 彼女はその入れ歯を泉の中に投げ入れた。
 青く澄み切った水の中に、入れ歯は急速に沈んでいった。
 突然、地面が大きく揺れた。
 身の危険を感じた三人は小船に乗り、隣の予下島(よかじま)に逃れた。
 まもなく、会回島は大地震により海底に沈んでしまった―。
 予下島に移り住んでから暫くして、林子は男の子を産んだ。万十田辺路である。彼は後(のち)に饅頭の発明者となった。
 肉まんとあんまんと栗饅頭を作り、饅頭博士として名を馳せた。しかし、自ら作った毒饅頭を誤って食べてしまい,それが原因で死んでしまった。
 彼の魂は辺りを彷徨い、心霊写真に写って自分で驚いて伸びてしまった。
 一方、林子は予下島を拡げ、大陸を創った。そこに自分で作った子供達を住まわせた。そして朝と夜を作った。
 加来林子はこの世界の創造主なのである。
 

(無題)

 投稿者:蕃 一春  投稿日:2017年 7月29日(土)12時35分9秒
返信・引用
       子供替えの時代

 バカそうな子供が、机の上に頬杖をついて
いた。鼻水を垂らし、ポカ~ンと口を開けて
いた。
 若い母親は、鉛筆でノートに計算問題を書
き、それを解くよう命じた。
 ”4+8+9+1=”
 子供は鉛筆を握り、問題の答えをたどたど
しい字でノートに書いた。
 「何よそれはっ!! そんな問題も解けな
いの!!―」
 母親は怒りを爆発させた。
 「あんたみたいなバカ死ねばいいのよ!!」
 母親は子供の首を両手で力いっぱい締め付
けた。子供の顔が急速に青白く変色してゆく
―。

   赤ちゃんポストをご利用下さい。
     政府からのお願いです。

 未来の日本は、子供替えが当たり前になっ
ているかもしれません。
 信じるか否かはあなた次第です
 

現代の徳川幕府

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 9月12日(月)22時33分47秒
返信・引用
   水害で壊滅的被害を受けた地方都市に、政
府高官が視察にやってくる。
 彼は側近に負ぶさり、泥まみれの道路を移
動する。
 高級ブランドの靴を汚したくないのだ。
 まさに現代の殿様。
 今徳川だ。
 どうせなら、籠に乗って側近に担いでもら
って移動したらいい。
 
 

飢狼の宴

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 9月 3日(土)20時07分13秒
返信・引用
   半グレ集団の台頭が止まらない。
 不良や暴走族でもなく、ヤクザでもなく、
愚連隊とも違う。
 彼らは純粋な意味での犯罪集団である。
 遊びやファッションの集団ではない。
 この国から、不良がいなくなった。
 学校や地域社会が、彼らを異物とみなして
排除したからだ。
 その結果生まれたのが、半グレ集団である。
 

レンタル掲示板
/25