teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


2014 天草7回目

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 5月 1日(木)15時05分9秒
編集済
  昭和の日の祝日、家族と親戚で潮干狩りへ行きました。
本渡港の近くで午後の干潮前にスタンバイ。
待ちきれずに投げ釣りをしてフグが掛かりました。
徐々に人が集まりだし、潮が引いてくると中州を目ざし、皆が移動を始めます。
鍬で砂をかき、巣穴を見つけ塩をふりかけると、マテ貝がぴょこぴよこと出てきます。
子供たちはわれ先にと、マテ貝を引き抜きました。

気が付くとどこから湧いてきたのかと思うほど、大勢の人で浜辺は賑わっておりました。
バター醤油焼きとみそ汁とパスタで美味しくいただきました。
 
 

釣られ話

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 5月 1日(木)14時38分56秒
編集済
  ゴールデンウィーク初日、家族で湯布院に行きました。
湯布院の新名所?世界一美しい村を再現した、「英国庭園のおとぎ話の世界」がオープン
しているとの情報でホームページをチェックして半日はここで過ごす予定で
地図を頼りに向かいましたが、
あれ?これって街のど真ん中に行ってるような・・・?
目印の民芸村の看板を右折  そしてすぐに到着!!!
なんかおかしくないか?

着いてみれば、以前宿泊したホテルが改装していただけだった・・・

おとぎ話って胡散臭い話だったっけ?
しばし、違う意味で思考が別の世界へいってしまいました。
まさか約10分で目的地をを立ち去ることになるとは・・・

その後、もう一つの目的であるM先輩の慰問、いや訪問。
約4年ぶりに会いに行きました。
前回はM先輩が病気で入院されたあとに会いにいきました。
「おれがもう死ぬと思って会いに来たんだろう?」とおっしゃっていましたが、
またお会いできてよかったです。

大学の同級生であるM先輩のお嫁さんのA子さんがいる、お子様の部活練習場所へおじゃましました。

先輩に先導していただき着いた所には「B&G海洋センター」の看板
海産物をイメージできるネーミングに期待が膨らみ
着くなり「ここって何かの養殖場ですか?」と尋ねると
「いや。プール」・・・・・  大爆笑!してしまいました

隣接する、これまた海洋センター体育館で主将を務められる御嬢さんの卓球の練習を見学し、
グラウンドで先輩が野球部に入る、我が息子とキャッチボールをしてくれました。
息子はその二日後、一度も新調したグローブを使うことなく野球部を辞めました。
先輩、本当にすみません。

M先輩一家、皆さんお元気そうで何よりです。
次はわたくしのお見舞いに来てくれるそうですので楽しみにしております。



 

2014天草6回目 つり日記

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 4月21日(月)15時17分12秒
  4月に入って毎週末、深夜からの釣りが続いています。
わたくし、今回はしっかりとイカを釣るのためエギ竿を買って挑みます。
友人N氏も辛抱たまらず事前に釣り具屋でエギをたくさん買っておりました。

新聞の釣り情報からメバルが釣れているとのことで途中の港で竿を出すも
アジのみの釣果で、すぐに切り上げ先を目指しました。

目的地の天草西岸の港に着いたころには風がひどく波しぶきが恐ろしいほど
防波堤に叩きつけられ釣りにはなりません、仕方なく波のない港内で
小魚としばらく遊んで朝まづめを待ちました。

朝になると少しは風も治まり早速イカ釣り開始
程なく、N氏がテトラの上から応援を頼む声が聞こえ、
わたくし手作りの釣竿と小さな網が合体したモノを持って駆けつけました。
テトラの狭い隙間に約40センチ、1キロ程のコウイカがもがいているのが見え
N氏にそのまま我慢してくれと言って、獲物に急いで近づき網に入れるも大きすぎて
体半分しか入らず、持ち上げることができません。
そして糸を手繰り寄せようとした瞬間、獲物はボチャんと波しぶきの中へ・・・・
すまん!  バラしてしまった・・・・ 釣ったイカの足しか見ることができなかったN氏。
逃した魚はたしかに大きかったよ!

その後、運を逃してしまった2人は次々と買ったばかりのエギを
岩に引掛けたり凡ミスでロストしたりで、投げ釣りと浮き釣りに変更。
結局、キスや小魚釣りになってしまいました。

昼の満潮をすぎ、竿収め。一応の釣果はありました。
帰りにいつものたこやき屋さんへ。いつも塩たこしか頼まないからか、
店主さん、今回はソース味を1パックサービスしていただきました。でもやっぱり塩たこが好きです。

もう釣るまいと思っていましたが途中の港でまた釣り開始。
そこでまたもN氏のエギがラインごと飛んで行き4個目合計4千円ロスト!
さすがにがっかりした模様。しかし吹っ切れたのかまた黙々と釣り始める。
もうやめようかと思った頃、私のメバル仕掛けが根がかりし、引き上げると
そこにはN氏のものらしき橙と茶の2トーンカラーのラインが、これはもしかすると・・・・・
N氏を呼び慎重に引き上げるとそこには先ほど海に消えていったエギがしっかりとついていました。
いや~これはイカを釣るより難しいでしょう。
なんと、わたしの買ったエギ竿はエギを釣るための竿だったようです・・・・

帰りに港の売店で地元産のレモンをみつけたので晩御飯は魚のフライにしました
 

2014天草5回目 つり日記1

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 4月12日(土)12時05分19秒
編集済
  続けざまに、N氏のリベンジを叶えるため天草西海岸に行ってきました。
実は前回のつりの帰りにN氏は少し高価なエギ竿を購入、リールも新調して、
どうしてもイカを釣りたいと望んでいて、今回も夜釣りから始まりました。

しかし、港を数ヶ所回るも潮が悪く、やっぱり翌朝まで何も釣れず、
朝まづめに気分を変えるため、下田の地磯まで足をのばしてみました。
今回、自分のねらいは根魚、息子にガラカブの味噌汁が飲みたいと言われたからです。
切り立った岩の崖を乗り越え、たどりついたのは素晴らしい景色の地磯です。
狙い通りガラカブが立て続けに掛かり、我が目標は達成。
時々、イカの姿は見えるものの、N氏のエギには当たりがない・・・
しばらく最高のロケーションを堪能し、また夜釣りしたポイントへ つづく

写真 下田の地磯
   ガラカブ
 

2014天草5回目 つり日記2

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 4月12日(土)11時48分3秒
編集済
  やってきたのはいつものキスの投げ釣りポイント
長い長い防波堤にひときわイカの墨が残る一角を見つけ、N氏と共にしばらくエギを投げ続けました。

そして、「あ~!また根がかりか!」とN氏のあきらめの言葉のあと
「なんかかかっとるかもしれん?!」と・・・・たしかに遠くでイカ墨が漂っている
ゆっくりとたぐり寄せ、そしてばらさぬよう慎重に引き上げる。
N氏は何かわからぬまま、ついに人生初のアオリイカを釣り上げてしまいました!
しかも結構なサイズで、道具にもお金かけた甲斐があったというものです。
いや~しかし、一部始終を見てた者からすると、これは絶対まぐれというか奇跡です。
やっぱ釣りは道具なのかもしれません。
N氏から「アンタは本当に失礼な奴だ」と叱られますが、釣れてくれて本当によかった!
イカは早速さばいて昼めしに美味しくいただきました。
今回の釣果 アオリイカ1(N氏) ガラカブ6、キス2、ベラ2、コダイ1、コチ1
写真は イカを釣って満面の笑みのN氏
    釣れてくれたイカの刺身
    たこやきたけちゃんの美味しいたこやき

 

2014天草4回目 つり日記

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 4月 7日(月)10時19分19秒
編集済
  花冷えの金曜、研修で4日間軟禁されていた同級生N氏と釣りに。
とにかく早くストレス発散をしたいN氏の希望で夜9時半に出発。
極端な寒がりのN氏と釣りのときはなぜかいつも極寒になってしまいます。

深夜1時頃から天草下島の港を回り、
エギング、サビキ、投げ釣りを試みるも早朝まで全くの坊主。

朝まずめになりようやく当たりが出だし、良型のキスがぼちぼちと釣れる。
置き竿の間、ルアーでスズキやヒラメを狙うも全く反応なし。
その後ひときわ大きな当たりが来て、とうとう尺物キスが上がったと思いきや
釣れたものはちょっと不恰好なキスをつぶしたような魚でした。
N氏にたずねると、「かまぼこ」だとのこと。
正式名エソで、帰ってつみれ汁になりました。
徹夜で体力限界のため昼前に竿納め。いつものたこやきをたべて満足し帰途につきました。
今回の釣果、キス16、コチ2、ベラ2、エソ1。

 

ナチュラルなんです

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 4月 2日(水)20時42分54秒
編集済
  きょうは素晴らしいお天気に恵まれました。
我が「ぶらぶらした青年たち」バンドのギターを務めます、後輩の看板職人のMちゃんを
さそってランチと花見に行ってきました。
いつもお昼はサラリーマンで満席になる定食屋に、混雑を前に一足早く入店。
一人先客がいるものの店員は厨房で話し込んでいる模様。
セルフの煎茶を飲みつつ全く興味のないフリーペーパーをめくりながら
店員が現れるのをじっと待ちました。
そして約10分がたった頃となりの、から揚げ定食が運ばれやっと存在に気付いてもらえました。
この店もう5回目なんですが夏の水害でリニューアルしたそうで、気だるい感じのお姉さまが
注文をとりに来られました。
以前はYシャツを着た男性が定食を運んでいるのを見て、スタッフの方と気付かず、客もみんな同じ服装だから注文の品が出来たら取りに行くんだ・・・?と勘違いしたのを思い出しました。
今日のおすすめの「さわらの西京焼き」に目が行き「さわらぬ神に祟りなし・・・」つぶやくも
全くお姉さまは反応せず、いつものヒレカツ定食に収まってしまいました。
しばらくしてMちゃんが現れ、いつものようにバカ話で笑わせていただきました。
 Y「子供のころ、北岡自然公園の池にいつも落ちたのはカッパのせいかもしれん?」
 M「いやー 毛じらみがいたかもしれませんよ!」
 Y「毛じらみ!・・・・・ なるほどね・・・・おったかもね!?」
 M「たぶん 毛じらみですよ。」
などと飲んでもいないのに大騒ぎしてしまい、
居合わせた多くの方、どうも申し訳ありませんでした。

今夜はクラブのオネエチャンと同伴ディナーの予定のMちゃん。
今頃、店の中で「カモか毛じらみ」にされていないか心配です・・・・

写真は白川の川岸に満開に咲いたさくらと、Mちゃんの散りはじめの頭髪
 

川に川をつくった

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 3月31日(月)08時58分56秒
編集済
  さくらが満開の日曜日の午後
自然保護活動のボランティアをしているおじさんに頼まれ
先週、子供たちといった水源の公園へ、清掃作業に行って来ました。
先々週は地元高校生たち30名程と大規模に川のごみ清掃をやりましたが、
今回は小川を覆っているクレソンを取り除く作業です。
しかも、自分とおじさんの二人だけです・・・
小川にびっしりと生えたクレソン畑の中央に一筋の川を作りました。
70センチほどに育った大量のクレソンを根っこから取り除き、
岸へ運ぶ作業は想像より辛く、全身ずぶぬれで体も重くなり
しまいには体が思うように動かなくなってしまいました。
しかし、川の恵みに感謝しながら、何とか、目処をつけて夕方に作業終了。
早々と床に就いたものの、朝には全身筋肉痛で腕が上がりません。
月曜からこんな満身創痍状態で大丈夫だろうか?
なぜか毎週、水場に行ってしまう自分って一体・・・・?

写真は水源公園の神社の参道とボランテイア清掃作業をした後輩たち

 

春の小川

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 3月22日(土)09時48分37秒
編集済
  ようやくさくらの開花宣言が3/20に地方気象台より発表されましたが
まだまだ寒い日が続き、2週連続で釣りを断念。
その代わりに子供たちと毎年恒例のつくし採りにいってきました。

いつもの場所は行く時期が少し遅かったため、地元の水源公園へ
まず小川で水生生物を探し、エビ・ゲンゴロウ・ヨシノボリ・サワガニを見つけました。
その後、園内を探索して、つくしが群生している一角を発見!
一緒に行った息子の友達は野草採集が初めてだったらしく、しばらく夢中で摘んでいました。
小川でクレソンも見つけ、食料が無くなったらこんなものを食べなきゃならないと言うと、
すぐに葉っぱを試食して「にが~ わさびの味がする」と・・・・
なるほど別名オランダガラシというそうです。

そして、帰ってみんなで調理し、春の恵みをいただきました。

しかし大量のつくしのはかま取りは大変でした・・・

 

2014天草3回目 つり日記

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 3月10日(月)10時53分15秒
  3/8(土)気温マイナス3度の早朝に、昨年から釣りに同行している
同級生のN氏と天草下島へ出発。
N氏は高校時代のクラスメイトで出席番号連番のつながり?もあり、
貧しい大学時代もお互いのボロアパートを行き来した仲であります。
N氏の釣りは青物の沖釣りが主だったようです。
時々、ヒラマサやブリなどをいきなり持ってくるのでびっくりさせられていましたが、
最近は年のせいか大がかりな釣りは億劫になっているようで、
天草あたりでの堤防釣りでも満足しているようです。
今回も苓北~下田の漁港などで新たな獲物を狙いましたが、行き着くところはただの投げ釣りで
キス13匹とコチ2匹のみの釣果でしたが、この釣りに関しては結構上達していると思われます・・・・

写真は毎年楽しみにしている沈丁花がやっと咲いたので・・・春も近しでしょうか?



 

レンタル掲示板
/18