teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


2014天草12回目 灼熱地獄 2

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月28日(月)12時25分25秒
編集済
  つづき
9時に本渡の物産館に行き、3人で弁当を食べたあと
息子がまだ釣りをしたいと言い出し、ゴールデンウィークに潮干狩りをした場所へ
ここは潮風が涼しく、一時間ほどキスなどを釣らせました。
帰りながら、N氏と今回の釣りの反省会をしていると
タコを取り逃した悔しさが込み上げてきて、また釣具屋で仕掛けを購入。
もの凄い暑さの中、三角でまたまた竿を出し、息子はアジゴ釣り。
N氏は息子の手伝いをやってくれました。
わたしは再びタコを狙いました。
そしてタコのアタリがあり、またも底にへばりつかれしばらく格闘。
最後は岩の間に隠れてしまったのか、ラインがボロボロにされ切れてしまいました。
結局、その後もタコは釣れず。息子のアジゴ釣りは入れ食いでN氏は大忙し。
わがまま親子の面倒でN氏は疲れきって、帰りの車では深い眠りに落ちてしまいました。
帰宅して魚たちを調理し、アジとキスとガラカブの南蛮漬けとタコ刺しと煮つけを作りました。
お疲れのNさん、タコで疲労回復できたでしょうか?
これからもわたしたちバカ親子のお世話、よろしくお願いします!
 
 

2014天草12回目 灼熱地獄

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月28日(月)10時57分30秒
編集済
  連日、猛暑が続く中、先週の無念を晴らすべく、釣りに行ってきました。
その日は毎年お邪魔しているY店長様のところの夏祭りが行われ、
18年間続けた焼き鳥担当を昨年卒業したため、
今年もビール販売をお手伝いさせていただきました。
例年通り大盛況で、早々に夜店の品々は売り切れてしまいました。
そんな中、お先に失礼させていただき、息子を連れて、N氏と天草下島へ出発。
今回は、西海岸の釣り場は人が多いだろうと思い、新和方面を目指しました。
午前1時に漁港の波止で釣りはじめ、すぐに良型のマダコを上げました。
自作したタコテンヤ仕掛けでの釣果だったので喜びはひとしおでした。
その後、リリースサイズのタコが釣れたものの、
何度も掛かっては底にへばりつかれ、仕掛けを切られてしまい、
朝まずめまでに、準備した自作テンヤはすべてなくなりました。

夜が明け7時頃、場所を移動し、息子の希望で投げ釣りをやりました。
最近、川で仕掛けを遠くまで投げる練習をやっていたので、実践したかったようです。
ここで息子が釣った魚は、ガラカブ・キビレ・フグ・メゴチ・ベラ・キスでした。
朝の日差しの強さに我慢できず、海に飛び込んでしばらく泳ぎました。
釣りをほっぽらかして泳ぎだした親子にN氏は呆れておりました。こめんね!
その後、新しい釣り場などを下見して帰途につくはずでしたが・・・・つづく
 

海の日

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月25日(金)14時40分50秒
  釣りで朝帰りのため、今日はゆっくりしようと思っていたら、
久々に子供の部活も休みで、たまには家族で出かけようということになり
予定に反して、海水浴に行くこととなりました。
おそらく家からいちばん近いと思われる海水浴場に行き、潮が満ちるまでの間、
売店の食堂で食事をしました。
無理を言って、売店の活きアジを刺身にしていただきました。
骨せんべいまで付けていただきありがとうございました。
貝汁が最高に美味しかったです。サービスのスイカもごちそうさまでした。
その後、子供と海水浴をして、暑くて熱中症になりかけたけど、
目の保養はしっかりしました。
夏の海ってやっぱりいいですね!
この暑さの中、ビーチバレー大会もやっていました。
 

ボーーーズ

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月25日(金)13時53分27秒
  土曜の夜に、N氏から電話があり、暇なら釣具屋さんでも行くかということになり
一応、道具も持って出かけた。案の定ちょっとだけ釣ってみようかと、
まだ行ったことがない近場の港などを回りましたが、釣る気が起きず
またしても三角まで行ってしまいました。
タコを狙いましたが、N氏にあたりがあったものの二人とも坊主で早朝に帰りました。

ネタがないので前回の書き込みの続きの写真を貼ります。
アマガエルの赤ちゃんとホタルの幼虫
 

夏休み

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月25日(金)13時44分41秒
  とうとう子供の夏休みが始まり、早速天草のM家の子供たちが遊びに来ました。
朝から、自然観察指導員のおじさんと、私の母校の生物部の先生と生徒たちで、
田んぼの「カブトエビ」を観察しました。
それから春に清掃作業をした水源の小川へ。
冷たい水が気持ちよく、ホタルの幼虫を観察したり魚を捕まえて遊びました。
 

2014天草11回目 下半期初戦2

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月 9日(水)17時25分2秒
編集済
  明け方まで波止場の移動を続け、とうとう三角までやってきました。
重いタコ仕掛けをドボンと投げては引きの繰り返しで、だんだん腕の力もなくなってきます。
根掛かりで仕掛けを失い、最後の仕掛けで当たりらしきものに合わせを入れるも、
また根掛かりやってしまったと、半ばあきらめながら新調した竿を折らぬよう手で引いていると、
本で読んだ「タコが海底にへばりついたらちょっとやそっとでは動かない」
との文章を思い出し、しばらく放置してみました。
5分ほど待っているとわずかに動いたような感じがしたので、思い切って引っ張ると
グーッと抵抗したので、さらに力を入れ一気に手繰り寄せてみると、仕掛けに掛かったマダコが
とうとう姿を現しました。
そしてその腕には、最後の抵抗を試みたのか、割れたビール瓶をつかんでおりました。
陸に引き揚げたら敷石にくっつき試しに竿を立てて引き離してみましたが
やはりビクとも動かず、根掛かりでなくしたと思った仕掛けにも、もしかするとタコが掛かって
いたのかもしれません。 朝8時まで頑張りましたがこの日の釣果はこれだけでした。
今回の戦利品の献立
 タコの刺身 タコの煮つけ メバルの塩焼き ゆでワタリガニと味噌汁
Y店長さんにお奨めの佐賀の大吟醸酒を戴き、さらに美味しくごちそうになりました。
幸せすぎて呑みすぎてしまいました。ありがとうございます。
 

2014天草11回目 下半期初戦1

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月 9日(水)16時08分4秒
編集済
  仕事の繁忙期をやっと乗り越え、過労死寸前のN氏と共に、約ひと月ぶりに行ってきました。
「死んだらお前のせいだ」と行きから帰りつくまでブツブツ文句を言いながらも
わたしの誘いと期待を断らない、お人よしのN氏です
(帰った翌日の仕事のあとにも律儀にわたしのせいで、
  もの凄くキツいと文句の電話をかけてきてくれました)
今回のわたしの本命はマダコ。
昨年、マダコ釣り体験で船釣りをやりましたが、最後まで要領がわからぬまま
まぐれで数匹を釣っただけでした。
今回は堤防からのマダコ釣りを図書館などに行っていろいろと調べてみました。
仕掛けを投げて底引きし、あたりがあったら合わせて一気に引き抜く!
今回はブタの脂身を巻いた専用仕掛けでやってみます。
大矢野あたりの近場で・・・と考えていましたが、波止はファミリーフィッシングでいっぱい
結局、いつもの下島西海岸方面へ。
たこやきたけちゃん堂の店主ならきっと釣り場をご存じだろうと伺ってみましたが
「うちのタコはたこ焼き店専用のタコを使っているのでわからない」とのこと・・・・
それで数年前、N氏の息子がタコを取り逃した漁港へ行ってみました。
N氏は特に釣る気はないようでしたが、あるブログの情報から
「ここでこの前までイカが上がってたから、釣ってみれば」と言うと渋々エギを投げだしました
わたしは幸先よく、ワタリガニが泳いできたので網ですくってみました。
しかし、タコはなかなか難しいようで・・・全くあたりもなく
しばらくするとN氏がテトラの上から、玉網持ってこいと呼ぶので行ってみると
1キロくらいのコウイカが掛かっていました。もう私のアシストも板についてきました。
そしてすぐに立て続けに同サイズのコウイカをN氏が上げて、自分もタコ釣りをやめて
エギを投げましたが、釣れるどころかエギの破損続きで、つくづく不向きだと実感しました。
日没後、波止の場所を移動してすぐに、やっと待望のタコが掛かり坊主脱出!
小物でしたが、本命が釣れホッとしました。
その後、夜更けまでいろんな港を回りました
ここでまでの釣果 N氏 コウイカ2 アジ2 メバル6
         わたし マダコ1 ワタリガニ2 メバル1
                           つづく
 

潮干狩り

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 7月 9日(水)15時19分4秒
編集済
  先日、天気が良い日に息子と近くの干潟に行き、生き物観察をしました。
発見したもの
(カニいろいろ、イソギンチャク、つぶ貝、ハゼ、アナゴ)

大きなワタリガニを捕まえて魚介のパスタになりました。
写真はアナゴの赤ちゃん
 

ある日曜日

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 6月30日(月)16時08分23秒
編集済
  子どもの部活の送迎で、滅多に行く機会のない県南地区に行くことになりました。
ちょうど近くで、わたくしが以前、クリエーターの端くれだったころからの知り合いで、
地元で作家活動をしているadoさんから個展を開いているとの案内を頂いていたので
おじゃましてきました。酒店&ダイニングにギャラリーが併設され、定期的にガーデンライブなども行われるという面白いお店でした。酒蔵風の落ち着いた雰囲気の店内にadoさんと同じく画家のお父様の作品が展示され、所狭しと並べられた酒類と珍しいおつまみの数々、そして心地よい音楽が流れ、美味しそうなパスタの香りがたちこめるという夢のような空間で、居心地が良すぎて気づかぬ間に時間が過ぎていました。
ウニのパスタを食べて、急いで部活の試合の会場に戻ると、
決勝戦が始まっていて焦りましたが何とか間に合いました。
ハーフタイムに会場のロビーに行ってハワイアンバンドとフラダンスを見ました。
フラダンスのお姉さま方(推定平均年齢80歳代)のにこやかな笑顔に癒されました。


 

ボッキリ病

 投稿者:ちいさいyu2  投稿日:2014年 6月19日(木)12時42分15秒
  昨日、雨が上がった夕方から息子と近くの川に魚釣りに行きました。
川釣りは久しぶりで、しかも初めてのウナギ釣りです。
まずエサのドバミミズを探すためクワガタ取りに行っていた山手の公園に
向かいました。息子がベンチの下にでかいミミズがいたことを覚えていたからです。
しかし、着いてみるともうベンチなどはなく、木の根元を掘ってもいなかったので
森の中で落ち葉の下などを探ってやっと10匹ほど手に入れました。
ここまででかなりの労力を費やしてしまいました。
そしてすぐに釣り場に着き、仕掛けを3本ぶっこんであたりを待ちました。
地元の川での釣りなんて数十年ぶりでしょうか・・・
目立たない草むらの釣り場ですが、堤防を散歩する人も結構いて落ち着きません。
時より小さなあたりがあるものの、合わせても見事に針の部分だけエサが残っているだけです。
エサ取りの仕業でしょうか?
日没の7時半まで粘りましたが、結局坊主で、最後に根掛かりで修理した竿をボッキリして終了
いつも一緒に釣りに行く人たちには、それだけ強くやったら折れるぞ!と注意されるも
最近毎回このパターンが続いて、ボッキリの瞬間がむしろ清々しいのはなぜでしょう・・・・?
あとには虚しさだけが残るだけなのに・・・バカですねー!
 

レンタル掲示板
/18