teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


なるほど!

 投稿者:横井  投稿日:2007年 1月14日(日)21時17分26秒
  先生、分かり易い答えをありがとうございました。
静止摩擦力は、いつも運動を妨げる方向に働くという先入観があったので、“前向きの静止摩擦力”に気がつきませんでした。
力学は奥が深いですね。精進します!
 
 

駆動中には静止摩擦力が前方に働く

 投稿者:飯田洋治メール  投稿日:2007年 1月13日(土)12時03分45秒
  確かに船の場合はわかりやすいですね。スクリューが回転して水を後方に押せば,スクリューは水からその反作用を前方に受けて船は進みます。
自動車の場合も同じです。駆動中の場合,駆動輪が回転して地面を後にけ飛ばせば,駆動輪は地面から前方に反作用の力を受けます。この力はすべったりしない限りは静止摩擦力で,前方にかかる力はこの力のみです。(図2を参照して下さい)この力が後ろ向きの力(空気抵抗や地面などから受ける動摩擦力など)より大きければ,自動車は前方に加速し,この前向きの力が後ろ向きの力より小さければ減速するわけです。したがって,前向きと後ろ向きの力が等しくつり合っておれば加速も減速もせず等速度運動を続けるのです。
次の点は注意が必要です。駆動輪の駆動をやめれば,前向きの静止摩擦力はなくなり,後ろ向きの転がり摩擦力だけが働くことになります。駆動輪には駆動中のときのみ前方に静止摩擦力が働くのです。この力が後ろ向き力より大きく,又は等しくなるから前進できるのです。
 

長らく考えていましたが・・・

 投稿者:横井  投稿日:2007年 1月11日(木)10時10分38秒
  やっぱり質問したくなったので、質問させて下さい。こう教えればもっとわかる“運動の法則”の問題2なのですが、この答えは(イ)で良いのでしょうか?
図2中に‘車に前向きにかかる力’が書いてありますが、本当にその力はかかっているのでしょうか?自動車の場合、車輪が回転して前に進んでいるので、「等速度運動をしているから自動車にかかる力がつりあっている」と単純には言えないような気がします。先生はどうお考えになりますか?
この問題が自動車ではなく船であったら、もっとすっきりするのではないかと思いました。
 

感想ありがとうございます

 投稿者:飯田洋治メール  投稿日:2007年 1月 5日(金)21時46分5秒
  横井さん,
パリティのシリーズ全部読んで感想をいただきありがとうございます。
何でもいいですので,気楽にご意見やご質問をどうぞ。
パリティ以外の他のものにも気楽にご意見ご質問を!
 

全部読みました

 投稿者:横井  投稿日:2007年 1月 5日(金)15時08分1秒
  “仕事とエネルギー”まで読みました。
全部読んだ感想は、
「先生の物理教育に対する熱い思いがジンジン伝わってきました!」です。
「詰込み物理」ではなく、生徒にいかに本質的なことから理解させるかということに大変力を注いでおられたのだなということがよく分かりました。
記事の内容で難しいところもあったので、それについては先進科学塾のときにでも質問させて下さい。
あと、“仕事とエネルギー”の問題1など、先進科学塾で体験したのが載っていて、ちょっと嬉しくなりました!
 

“仕事とエネルギー”アップしました

 投稿者:飯田洋治メール  投稿日:2007年 1月 3日(水)21時31分29秒
  今日,“仕事とエネルギー”のファイルをアップできました。
卒業生の木全君が調べてくれたのですが,アップできない理由は容量オーバーになっていたからでした。
容量を拡張したからもう大丈夫です。
 

ファイルの不具合,今しばらくのご辛抱を!

 投稿者:飯田洋治メール  投稿日:2007年 1月 2日(火)23時55分47秒
  横井さん,書き込みありがとうございます。
「こうすれもっとわかる“仕事とエネルギー”」のファイルですが,うまくアップできていないようです。この部分,もう少し時間を下さい。再度pdfにしてみます。
 

楽しんで読ませていただきます

 投稿者:横井  投稿日:2007年 1月 2日(火)20時35分51秒
  飯田先生、先進科学塾でお世話になっている横井です。
『パリティ』の記事を、今、少し見させていただきました。
プリントアウトして、しっかり読もうと思っています。
約束を守って更新していただいて、ありがとうございました!
 

偏光板についての質問

 投稿者:飯田洋治メール  投稿日:2006年12月17日(日)23時33分13秒
  「不思議な現象を作る偏光板とはどのようにして製造されるのでしょうか」
「偏光板はいつ、誰に、どのような目的で発明されたのでしょうか」
「自然界の中に偏光板と同じ働き、または仕組みを持ったものはあるのでしょうか」
こんな質問がありました。
どなたか,わかったら教えて下さい。

偏光板を手作りする方法があるのですね。
ポリビニルアルコールを引っ張って膜をつくると偏光板ができるといいます。 http://homepage2.nifty.com/fujityu/henkou.htm

偏光について,こんなのも調べてみました。
http://www.ysc.go.jp/ysc/info/g4430.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%81%8F%E5%85%89
 

本当にお久しぶりです

 投稿者:飯田洋治メール  投稿日:2006年12月17日(日)23時22分47秒
  近藤君,本当にお久しぶりです。元気そうですね。私も相変わらず,のんびり半分,何かと忙しい日半分,の生活を送っています。
時々近況などメールなどで送って下さいね。
 

レンタル掲示板
/13