teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


サブDF個人アドバイス

 投稿者:ひとみ  投稿日:2008年10月16日(木)21時37分6秒
返信・引用
  ゆう
・ワンサイ◎
・サポートとして受ける位置◎。サポートの意識がついてから、ボールへの絡みが前より増えてきた。
・ビデオでも聞こえるくらい声が出ていて◎
・ボールを奪ったあと・クリアーでボールを受けたあとに迷わない。出し所がなければまず「自分」。サポートに返すタイミングをもう1テンポ早くいい状態で返すこと。状態が悪くなってから返すのではサポートの意味がない。
・ゴーリーに返すパスをもっと丁寧に。まわりにいる敵を見てインターを狙っているなら簡単に返さない。無条件に返すのではなく判断して返すこと。
・リストレに残っているとき前で仲間がプレスを受けていたらボールを自分に預けさせるフォローの位置に入る事。リストレ内のシフト。
・ライド時ATの位置をもっと確認すること。BCを見すぎてATに気付かず裏取りをされていてもったいない。逆にATの位置を把握しているときはその人を見すぎる傾向がある。位置は気にしつつ無駄にマークはとりすぎないように。
・ライド、BOX時NBCにクロスを向けすぎることがある。しかも片手になっているのでいつでもボールをとる構えを意識。



なかも
・ブレイク対応◎数的不利の状況でもうまくポジショニングしてかもることができていた。
・クリアー2本目をもらう意識◎
・下がる意識◎自分だけ下がっても間があくだけだから人をひきつれるように。また下げすぎて上でやられていることがある。下げた後上げる判断をする。
・危ない位置をつねに把握してそのエリアにいる敵から目をきらないように。また自分の前の敵にボールを入れさせない。
・サポートの距離感が良くないときがある。遠かったり近すぎたりするのでBCが出しやすい位置でもらう。
・3秒ケア。


のりこ
・スペースうめるゆがみ◎
・ボールとゴールを結ぶラインにポジショニングしていて◎そのおかげでボールが入ってくることが多くインターできている。
・逆に自分から少し離れたボールに対する反応が少し遅い。きたボールへの反応はできているから、きそうなボールに早く反応することを次は意識。
・クリアーにもっと絡める。ビハインドでの受けももっとできる。


あいみ
・DB反応◎前向きにとれている。
・1on1力◎11の外に押し出せている。
・クリアーのときにもっと強く前を向く。クリアーを運ぶために走るのではなくゴール決めるために走るってことを忘れない。引き続きクロスワークの向上。
・突破◎だけど逃げると一気に攻撃値が下がってしまう。突破力がある分普通の人より思い切って前を向いたほうがあいみの良さが出るはず。
・スペースで守っていてONボールじゃないとき、細かいポジショニングを取り直す。
・下がる判断が遅いことがある。上から当たれるときと無理で下がるときのプレーにもっとメリハリをつけること。間に合わないのに上に反応して引き出されていることがあるので注意。
・下がるときバックランのことが多くその分下がるのに時間がかかっている。目線はボールだけど足は後ろに向けて下がるように。
・ホールド力は◎だけどもっと人に当たらせることができると良い。全体的にボールやBCに反応しているのは良いが、他の人にやらせた方がバランスがよいことも多々あった。
・そこまで怖くない近くのNBCを見すぎることがある。人にふられずどこが危ないのか考えてうめる。


なつみ
・クリアー時のボールサポート及び予測◎。
・DB反応◎
・ボール受けたあと横に逃げるのではなく前をむくこと。迷わず判断を早く。
・危機察知の意識がうすく、下がるタイミングがまだ遅い。状況に応じてMDなど引き連れて危ないスペースを埋めれるといい。また自分より後ろの状況を常に気にかけるようにする。後ろのATに気付かず裏取りをされていることがある。
・全体的にボールを見守ってしまう傾向があるので、「今どうなってるか」でなく「次どうなりそうか」を常に予測して動くこと。早めの準備を強く意識。


あじゃ
・スペースをうめる感覚◎
・プレーにもっと思い切りをつける。ボールへの反応やBCプレッシャー、カバーの入りなど、もっと果敢にいけば相手も嫌がるところを保守的になっているのでもったいない。ミスを恐れずもっと強いプレーを意識。
・常にボールをとる構えをすること。
・人にふられがちなので常にボールを見て危ない場所を守る。
・クリアー時のパス精度を意識。


サブのDFに共通していえること
・前より全然サポートが増えた。DF陣もボールに関わる意識がついて◎
・ブレイク時にDFというポジションの人だけで守ろうとしすぎ、です。ボールのOFFサイドのMDを歪ませてしっかり引き連れてくること。
またそのことが原因でDFとMDが分離し、その間にパスが入ってやられたりグラボの周辺スペースをうめられていないことがある。
・ボールをとろうという意識が低い。クロスの構えからボールへの反応も、敵に対するDFという意識を持っているように見える。こっちも攻撃なんだという意識を持てば、もっとボールをとりにいく強いプレーがうまれるはず。
・BOXではバランス、距離感、NBCにつられすぎない、守備範囲を広く保つことを意識。
・DFのみならずサブ全員に言えることなんですが、リスタートのときのクレードルはいりません。クレードルすることによって展開が遅くなり敵DFのプレスを受ける原因。

以上です。わからないことあったらひとみ、はるな、あんきまで!
 
 

サブAT個人アドバイス改訂版

 投稿者:りえ  投稿日:2008年10月16日(木)16時47分54秒
返信・引用
  れいな
・しっかりATをまとめ、支持だし、厳しい声を出せているところが◎
・裏だけにとどまらず、いいカットがあった。→あとはクロス隠してシュートまで行けるように。
・全体的に速攻の場面で、早くATがもらう意識を持てるようにしてほしい。
・ライドの追いかける意識、予測を持つ。

獨協20分流し
(15’30)クリアつなぎ◎

ゆっち
・中盤のつなぎと攻め気◎
→次のさばき所がないのもしかたないが、もっと早くさばけるとさらに◎あとは、DFのいるところにはつっこまない。
・ATの目標だった『ミスの予測と反応』ができていて、グラボの周辺スペースをしっかり埋めて、グラボを拾えていた。
・さばき所作る動きも◎ ・ライドのしつこさ◎

VS獨協
(06’40)前の作り◎
(13’27)前の作りとフォロー◎
VS武蔵
(12’05)つなぎから逆サイ展開◎

あっきー
・クリアの次のさばき所を作る動きができるようになっていて◎あとは、距離が少し遠いところを直すことと、もらう時の態勢をよくすること。
・ミスのフォローもしっかりゆがんで、よくできていた。
・あとは、BCに対して、仕掛けさせるのか、自分がもらうのかの判断をして、発信できるとよい。

VS獨協
(13’28)フォロー◎
VS武蔵
(14’48)フォロー◎
(17’50)フォロー◎
VS台東
(06’40)クリア◎

あんな
・パスミスのフォロー◎
・中盤つなぐ姿勢も◎
・あとは、ボールを持った後の攻め気。Gをむいてないために、インターされてしまうシーンはもったいない。
・セット時、ボールの流れをよんで展開したい

VS台東
(12’00)フォロー◎
(14’03)フォロー◎

めめ
・スペースにもらいにいく動き◎あとは、もらった後のキープ力。
・以前に比べ、攻め気が出てきたのは◎→ただ、攻めてDFが拠ってきた時は、プレッシャーを受ける前にさばくこと。
・クリアのさばき所は、もっと広がってもらいに行けると◎


りゅう
・全体的に、技術が安定していて、ボールに絡む回数が増えていて、とてもよい。
・中盤のつなぎ◎
DFエリアのほうでつないだ後さぼらずに、G前カットからの得点がとてもよかった。→中盤につないだ後、焦ってさばいて相手ボールになってしまうのがもったいない。パスか、自分が行くかの判断をしっかり。・以前よりゴールに向かうプレーがでていて◎

VS獨協
(07’38)つなぎ◎
(36’05)つなぎ◎
VS武蔵
(08’34)つなぎ◎
(10’45)つなぎ◎

せんか
・グラボ走りぬけてとれていて◎
・フィードからのシュート◎
・もっとATメイクする発信をしていけるとよい。
・リストレでのミスボールのより悪い。
・ライドしっかりワンサイ。クロスをふらない。DFでの体勢作り意識

VS武蔵
(09’38)ライドの追いかけ◎
(21’18)フォロー◎

ひろみ
・以前に比べ、ボールをもらう意識が増えたねのが◎
・速攻の場面でのボールの受け方◎→その後、クロスを隠して、シュートで終われるようになったら◎

・ボールのよりはよくなった。次は自分でボールを持った時の強さ。

VS武蔵
(26’50)カットタイミング◎
 

サブAT個人アドバイス

 投稿者:りえ  投稿日:2008年10月16日(木)16時40分3秒
返信・引用
  れいな
・しっかりATをまとめ、支持だし、厳しい声を出せているところが◎
・裏だけにとどまらず、いいカットがあった。→あとはクロス隠してシュートまで行けるように。
・全体的に速攻の場面で、早くATがもらう意識を持てるようにしてほしい。
・ライドの追いかける意識、予測を持つ。

獨協20分流し
(15’30)クリアつなぎ◎

ゆっち
・中盤のつなぎと攻め気◎
→次のさばき所がないのもしかたないが、もっと早くさばけるとさらに◎あとは、DFのいるところにはつっこまない。
・ATの目標だった『ミスの予測と反応』ができていて、グラボの周辺スペースをしっかり埋めて、グラボを拾えていた。
・さばき所作る動きも◎ ・ライドのしつこさ◎

VS獨協
(06’40)前の作り◎
(13’27)前の作りとフォロー◎
VS武蔵
(12’05)つなぎから逆サイ展開◎

あっきー
・クリアの次のさばき所を作る動きができるようになっていて◎あとは、距離が少し遠いところを直すことと、もらう時の態勢をよくすること。
・ミスのフォローもしっかりゆがんで、よくできていた。
・あとは、BCに対して、仕掛けさせるのか、自分がもらうのかの判断をして、発信できるとよい。

VS獨協
(13’28)フォロー◎
VS武蔵
(14’48)フォロー◎
(17’50)フォロー◎

あんな
・パスミスのフォロー◎
・中盤つなぐ姿勢も◎
・あとは、ボールを持った後の攻め気。Gをむいてないために、インターされてしまうシーンはもったいない。
・セット時、ボールの流れをよんで展開したい

めめ
・スペースにもらいにいく動き◎あとは、もらった後のキープ力。
・以前に比べ、攻め気が出てきたのは◎→ただ、攻めてDFが拠ってきた時は、プレッシャーを受ける前にさばくこと。
・クリアのさばき所は、もっと広がってもらいに行けると◎


りゅう
・全体的に、技術が安定していて、ボールに絡む回数が増えていて、とてもよい。
・中盤のつなぎ◎
DFエリアのほうでつないだ後さぼらずに、G前カットからの得点がとてもよかった。→中盤につないだ後、焦ってさばいて相手ボールになってしまうのがもったいない。パスか、自分が行くかの判断をしっかり。・以前よりゴールに向かうプレーがでていて◎

VS獨協
(07’38)つなぎ◎
(36’05)つなぎ◎
VS武蔵
(08’34)つなぎ◎
(10’45)つなぎ◎

せんか
・グラボ走りぬけてとれていて◎
・フィードからのシュート◎
・もっとATメイクする発信をしていけるとよい。
・リストレでのミスボールのより悪い。
・ライドしっかりワンサイ。クロスをふらない。DFでの体勢作り意識

VS武蔵
(09’38)ライドの追いかけ◎
(21’18)フォロー◎

ひろみ
・以前に比べ、ボールをもらう意識が増えたねのが◎
・速攻の場面でのボールの受け方◎→その後、クロスを隠して、シュートで終われるようになったら◎

・ボールのよりはよくなった。次は自分でボールを持った時の強さ。

VS武蔵
(26’50)カットタイミング◎
 

サブMD個人アドバイス

 投稿者:かわち  投稿日:2008年10月16日(木)13時38分47秒
返信・引用
  [MD]
バナナあい

・中盤やブレイク時のカットのタイミング○
・ボールをもらう時の体勢が悪いとき多→走りすぎで敵との間合いが近くなったり、クロスの構え方に原因あり>へ<改善できればもっと安定した受けから展開ができるOK
・クリアーの1本目をもらうほかにも追い越しなどでブレイクに関わる動き、ブレイクでの得点をより増やそう↑

プレゼントゆっち
・前に向かう姿勢やボールへの寄り○(特に味方が悪い状況になってボールを落とされた際、相手に取られないような寄りはいいOK
・ダッチ時、クロスを持つ手が片手にならなければ、抜きながらパスが出せるようになるので改善余地有り。

スノボるみ
・技術も安定していて大きなミスもなくSETAT時など落ち着けることが出来ていて○
・ディフェンシブなボールサポートの意識は◎→ただし、ディフェンシブすぎて逆にあまり攻撃参加できてないのがもったいない。展開役になりがちなので仕掛けられるところでもっと仕掛ける(特にその背は攻撃でも武器、使わないともったいない!!
・AT→DFの準備の際、他の人も引き連れながら動く。また早いポジショニングからのインターもより増やせたらより良い´▽`

・ボールの後ろを追う動き→もっと後ろで強く呼んでもらう動き、グラボ、ファース
トプレスに入る動きの強さとタイミングを増やす

ハイヒールめぐ
・以前よりパスキャの技術やキープがはるかに安定していて◎キラキラ
・BOXから逆サイドを切り替えて爆走ランナーランナーして点を決めた場面はすごくよかった◎◎(MDに必要とされるプレー)
・改善点は、キープや突破の際に視野が狭くなり、カバーのDFがきても突っ込んでしまう傾向があるので、1on1と、そこからのイメージを増やし、いい状態を保ったままプレーすることを意識できればより良い。


カラオケドンッきょん
・どの試合でも1ON1から積極的にシュートを打っていて○OKOK
・積極的なDF意識で、粘りのあるプレッシャーは○ただし、BOX時動きすぎて逆に隙間が出来てしまっているので注意
・ゲーム中盤~終盤にかけての運動量の低下が気になる→積極的姿勢が継続できていない
・クリアーでパスを選択してインターされている場面が目立つ→自分と味方の間にDFがいる場合は、角度をずらしてからパスを出す判断をもつ
・ブレイクに置いていかれないためのゆがむ動きの意識をもつ

もみじしょうこ
・中盤のつなぎ、そこからの展開がサブの中だとずば抜けて◎
・パスを出した後もう一回うけるサポートの意識、ボールへの反応も◎
・下がる、止まるといった動きからDFとの間合いを作る→DFとの距離にこだわりいい状態でプレイすること。
・走るコース→DFを少しでも抜くことができたなら、自分の体をDFの前に入れてDFを殺す
・中盤での前を向く姿勢に比べ、11m内での攻撃値が低い。「自分がシュートを決める」意識をもっと出していい

雪ゆき
・セットAT時、ゴール裏からnextの展開どころである0度に、45度から「ゆがむ」動きができていたのはゆきだけOK◎◎→その「ゆがみ」のタイミング、感覚を体に染みつかせること!!
・切り替えとサポートを意識して、速攻にも関わる
・中盤で積極的にボールに絡もうとしていたのはよかったが、うけたあとの視野がやや狭く、クレードルが大きく数が多いので出せるポイントでパスを出せていないことがあった
・左手にも積極的トライしていってほしいヒラメイタ!

桜すぎも
・大きな成長が見られる◎キラキラパスキャ精度、中盤でのクリアに絡む意識が体現できていて○
・ボール展開の逆サイドだったときに切り替えて自分がフィニッシャーになった場面とっても◎◎
・ボールを受けてから次のプレーに迷いが見られることがまだあるので、前に進む動きにスピードがない→ランナートップスピードランナーで走りながらのプレーの判断ができるとより良い。
・セットAT時、1on1が全部流されている→目の前のDFとのズレから中に抜くことを意識。そのためのDFとの間合いの駆け引きと抜き際のダッチを身につける

^o^ゆう(2年)
・切り替えからのクリアーのつなぎ、サポートの位置、積極的なインター◎◎◎OK
・1on1からシュートまでいけているのも◎全体的に前に向いたプレーが多くてすごくいい。
・クリアーでも1on1でも、ダッジで一人必ずDFを抜いているのがいい→その後、カバーにくる2、3枚目のDFに捕まる前の、シュートやパスの精度を高めればより良い。

飛行機ゆうり
・技術が安定、スピードもありOK
・とにかくミスを恐れないこと。あらゆる場面で積極的にプレーし、先輩に頼るプレーはしない。「まず自分」という選択肢を徹底する。

ヒヨコがーこ
・積極的にプレッシャーをかけたりグラボへの反応や寄りが○
・一年練試の時などでは特にゴールへ向かう姿勢が強く印象的なので、サブの試合でもゆうりと同様にミスを恐れず自分から発信しもっと積極的にプレーすることヒラメイタ!


以上です。
分からない点などかあったらかわち、きく、SP、あすかにどんどん質問してください´▽`!!
 

BOX

 投稿者:アスカ  投稿日:2008年10月11日(土)23時47分56秒
返信・引用 編集済
  アップが遅くなってしまい大変申し訳ありません。

【BOX】

練習試合のビデオと今日の練習を参考に、明日の試合に向けて特に意識してもらいたいことをいくつか絞ったので、各自参考にして臨んでください。

まず初めに、
○一人一人が守備範囲をしっかり保って、相手と強く対峙する
という事を意識していきましょう。
BOXは八人で守っていますが、一人一人が強いDFをするという事が意識出来れば、1ON1に必要以上に人数を引き出されすぎたり、片サイドに偏って、守備範囲が無駄にかぶったり近くなりすぎて、薄くなったところでやられるといった練試でもかなり見られた場面も改善出来ると思います。


次に
○ボールキャリア(BC)の状態を主語に動く(ボールから目を切らない)
BCがどういう状態で次に何を狙っているのか?中へ抜こうとしてるのか、パスを出そうとしているのか? 逆サイへの大きいパスを狙っているのか、中へのフィードを狙っているのか? …等
例えばBCが明らかに中のフィードを狙っているのに外のATを張っていれば中にボールが入りやすくなったり、入ったあとの対応も遅れます。逆にBCにプレッシャーがかかってかなり状態が悪く外のネクストにさばこうとしている時に中のカッターを気にしてネクストを狙ってなけば、ボールを奪えるチャンスを一つ逃したことになります。

BOXでDFをしている時には、常にBCを見て、それに応じて動くという事をもう一度強く意識してください。その質をもっと上げられば、敵の狙っているところ(=危ないところ)に厚みを持たせ、メリハリのあるDFが出来ます。ポジション移動もより早く、細かくなり、甘いボールやこぼれ球にもっと早く反応する事が出来たり、BCへの詰めが早くなったり、敵のミスを誘ってBOXでボールを奪って攻められる回数も増えるはずです。


最後に意識次第で一番簡単に体現出来る事として
○今までの倍以上声を出す事。特に前の人への情報伝達や指示を怠らない
今日の練習でも指摘しましたが自分の前の人への情報伝達の声が少ないせいで、後ろや左右に気を取られ、肝心なところで前へ強く動けなかったり、ボールに早く反応出来ないという場面が多かったです。
直接ATの得点につながってしまっていた例をいくつか挙げると
・CDが横や後ろのマークを気にして、自分の前(守備範囲内)にボールが入っているのに当たれない。そもそも11内ではボールが入ってから当たる意識ではなく中へのフィードを自分が掴み取る意識で入れさせない事
・ボールのオフサイドのSDがオンサイドのSD、CDに裏のATの枚数や状態を伝えてあげれていなくて、SDが引き出されてCDとの間に出来た裏からのカットに気づかず入られてシュートされる
等、これらは後ろからの明確な情報伝達の声があれば防げるようなとプレーです。

BOXは味方との連携なしでは成り立ちません。その為の一番の手段でもある声はどんな時でも絶やすことがないよう意識していきましょう。


では明日の試合はDFから良い流れを作って勝利できるよう頑張って下さい!!
 

サブ明日へ向けて②

 投稿者:きく  投稿日:2008年10月11日(土)22時01分21秒
返信・引用
  【ライド~中盤編~】

PL幹部内で挙がったライドに関する改善点を中盤を中心にまとめたので読んでみて下さい。

ポイント:《ゆがむ》
=ボールに対して厚みをつける動き
=ボールに対して回り込む、オフサイドが絞りオンサイドを押し出す動き
①OF中の準備

改善点
・攻守の切り替えが遅い・プレスがかかりにくい
→ライドの起点になる地点を予測し、その付近に回り込む

→ライドの契機:1on1/フィード/シュート/ミスパス
→ボールの後ろに回り込む動き:ボールサポート+ファーストプレスと攻守両方で重要な動き

②ライド中

・中盤が薄く、人が引き出されてブレイクになりかけている
・DFとOFで分裂し、中盤が間延びしている

→中盤の位置でも常にオンサイド-オフサイドのゆがみでボールに対して厚みを持たせる(ゆがんだ結果、DFが前線になりMDが最終に入ることもある)

→ファーストプレスが失敗している場合、中盤はBMに無理につめず、DFと連携をとりながらどのラインから当たるかを判断
ポイント:先に下がることで前に出る準備をしておく
→特に中盤は下がりすぎず、下が足りていれば当たるポイントを作る

※ドロー
ボールが飛んだ対角のゆがみが不足。特にサークルを越えてDF側に飛んだ際に危険なシーンを招いている

→同じく《ゆがむ》DF+回り込んだ人でボールに対して厚みをつける

ボールに厚みをつける《ゆがむ》動きを中盤エリアでも意識的に細かく行ってみて下さい。

練習試合ファイトです!!
 

クリアー

 投稿者:しゅん  投稿日:2008年10月11日(土)21時31分54秒
返信・引用
  クリアーで明日の練試を含め今後意識してほしいことは、
「良い状態を保ったプレー」をすること。
そのための手段として「サポート」を意識してやってほしいと思います。

具体的には「サポート」についてNBC、BCそれぞれに以下のポイントを意識してやってみてください。

・NBC
ボールが次動く位置(次にパスが出るところ)に対して、必ず誰かがその後ろのスペースに動く。
→役割分担としては、ボールの近くの人は後ろ、ボールの逆サイドなどボールから遠い人は前のスペースに動くイメージ。今は、全員が前のスペースに動きすぎなので、このような役割分担をしっかりして、ボールの周辺スペースをバランス良く埋められるようにする。また、後ろのサポートに入る際にBCと自分の間にDFが入らないような角度・距離を意識する。

・BC
ボールを受ける前に周辺のDFの状況を把握してサポートに返すのか、突破なのかの判断をしっかりする。
→判断基準としては、自分が前に走ったときそこにDFが2枚以上寄ってくることがわかった場合、はやくサポートに返してそこからの展開を狙う。逆に、自分が前に走っても自分にDFが1枚もしくは全く寄ってこない場合は突破を狙う。ただ、これはあくまでも最低限の判断基準であって、必ずしもこうしないといけないというものではない。もし足に自信があって2枚きていても抜けるのであれば走ればいいし、もちろん前にいい状態の仲間がいてそこにすぐさばけるなら自分に寄ってきているDFの枚数とは関係なく、はやくそこにさばけばいい。ただ、今は走ることで自らを悪い状態にしてしまっている場面が多いので、そうならないように前にさばけるのか、自分でぬけるのか、あるいはサポートにさばくのか、という判断をしっかりして良い状態でボールを持つことを意識する。

今回は明日改善できるポイントに絞って書いたので、明日の試合ではこのサポートのポイントを意識して常に良い状態でゴールまでボールをつないでください!必勝です!がんばってください!!
 

ライド、ブレイク対応

 投稿者:ひとみ  投稿日:2008年10月11日(土)21時26分36秒
返信・引用
  大東戦反省&獨協戦に向けて

☆危なそうなときにラインを下げる!
大東戦を見て、全体的にライドで危機意識を持つのが遅いかなと思いました。
みんなの下がる基準が「危なくなってから」になっていて、「危なくなりそうなとき」にはボールを見守っていることが多く見られました。
また自分の後ろにATがいることに気付かず裏をとられている場面も何度かありました。
「敵の位置を把握した上で危険になりそうなときにラインを下げて準備する」ことを意識しましょう!

☆ボール方向の予測
ボールに厚くすること、危ないところをうめる意識は前よりよくなっていますが、一つ一つのボールの状況やボール展開に対し、次を予測して動けている人が少ない印象を受けました。
例えばボールが右サイドにあっても、BCの状態が良かったりBCが左にきってきそうな動きを見せたら次のボールは中央や左サイドになります。このとき、ボールに吸い込まれて右に人が集まって、結局逆サイの展開に追いつけなくなってます。もちろんまずワンサイしろという感じですが、味方のミスも含めて予測し、ボールの方向をよむことで敵に楽に攻めさせないようにしましょう。

☆ライド~セット時
ライド流れからBOXセット前、DFのバランスが悪く守りが狭くなったりスキマがあいたりしてます。そうするとBCへの当たりも遅くなり、敵にスペースを与えてしまいます。そのときいる人数を最大限生かして守れるように、声かけをして守備範囲がかぶらないように連携をとったらいいと思います。

色々書きましたが、明日いきなりこれを完璧にすることはもちろんできません。
明日はこれを頭に入れつつ
①次こういう攻めをされそう!というイメージ(特に最悪の事態のイメージ)を常に持ち準備すること
②それを周りに共有し連携して守る
ことを意識してください。

では獨協戦頑張ってください!!
 

サブ明日へ向けて

 投稿者:じゃん  投稿日:2008年10月11日(土)19時57分5秒
返信・引用
  今日PL幹部で大東戦を見ました。
明日の獨協戦に向けて意識してほしいことを以下に挙げますので、是非参考にして下さい。

まず頭の中に入れておいてほしい言葉は、<予測と反応>です。

具体的には・・・

★ライド★
→→ATメーリスで流れた目標にもありましたが、さぼらない!追っかける!
もっともっとボールに執着心を持って、必ず奪い返してやるという心意気で臨んで下さい。
特にライドはシステム上1stプレスがかからないとほぼ終わりなので、ATの頑張りどころです。
リーグ日大戦でも慶應はライドで流れを掴みました。そのくらい大切です。

☆クリア☆
→→つなぎの人が遠すぎるorいないことがあったので、距離感を意識したり、ボールの流れを『予測』してしっかり受け手を作って下さい。
DFやMDに比べて視野が取れているATがしっかりボールをもらってあげましょう。

★ミスフォロー★
→→SetAT時やクリア時など、ミスは当然起こりますが、それに対してのアクションが不足しています。
良い意味で味方を信頼しすぎない=「ミスは当然起こる」という心構えでいれば、もっと反応できると思います。
また、ラインアウトになった時は状況をみんなで確認できる絶好の機会なので、もっと有効活用して下さい。
具体的には、次の捌き所となる人、前に切り替える人、サポートになる人など、役割分担の共有を怠らないようにして下さい。

☆グラボ☆
→→大東戦後半で攻撃のシーンがあまりなかったのは、グラボが取れていないことが大きな要因であったと思います。
ドロー・SetDF・クリア時とグラボに関して常に意識していてほしいことは、
『グラボの周辺スペースをしっかり味方で埋める』
ということです。これができていないと、もし味方が取ってもサポートがいなくてまた落とされてしまう可能性が高いですし、相手にグラボをスクープさせるスペースを与えてしまうことにもなります。


長くなってしまいましたが、明日の試合に向けて意識次第で変えられるのは【ライド】と【ミスフォロー】の2点だと思います。<予測と反応>を武器に、もっともっとボールにがっついてシュート15本以上打ってきて下さい!!

もっと詳しくは18日の男ラク応援後に映像を見ながら説明します。

では明日頑張ってきて下さい!!
 

9/19 SET AT

 投稿者:しゅん  投稿日:2008年 9月19日(金)23時19分45秒
返信・引用
  ~よかった人~
 ・いけ:積極的な仕掛けからシュート
 ・れいこ:アタックメイクの意識と他人任せにしないプレイ
 ・あっきー:展開を意識した広い位置どり
 ・あんき、みっちー:積極的なDFとクリアーの突破

~反省~

 ・「ゆがみ」を意識
   →ボールの位置が動く度にNBCも全員ゆがむ!
    0度、ゴール裏へのゆがみはよくなっていたが、45度にゆがんでもらいにくる
    NBCがいない。0度にボールが落ちた時、もともとnextにいた人は切れて、その奥    にいた人がゆがんで45度でもらう。

 ・どこで1on1を勝負するか共有
   →基本的には、最初に1on1を仕掛けた位置から一番遠い位置。理由は、その位置に
    ボールが渡ったときDFが一番ずれているはずだから。(例:左45度から裏経由
    でボールが展開される場合、右45度で1on1の勝負をする)
    ただし、それより前の位置ですでにDFにずれが生じているならば、もちろんそこ
    で勝負したらいい。
    これに関してはまだまだNBCからの指示が足りない。どこが勝負する位置かわか
    った人からどんどん発信していく。

・強い1on1
   →左の1on1だからといって逃げない。自分の目の前にいるDFに勝負を挑む姿勢が
    足りない。DFは中に切られることを嫌がるのだからもっとそういったDFが嫌が
    る仕掛けをする。

以上です。ポイントを意識すると同時に、もっと「シュートまでもっていく」ことを一人一人が意識してVリーグで点をとりまくってください!お疲れ様でした!
 
レンタル掲示板
/3