teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


現代の徳川幕府

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 9月12日(月)22時33分47秒
返信・引用
   水害で壊滅的被害を受けた地方都市に、政
府高官が視察にやってくる。
 彼は側近に負ぶさり、泥まみれの道路を移
動する。
 高級ブランドの靴を汚したくないのだ。
 まさに現代の殿様。
 今徳川だ。
 どうせなら、籠に乗って側近に担いでもら
って移動したらいい。
 
 
 

飢狼の宴

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 9月 3日(土)20時07分13秒
返信・引用
   半グレ集団の台頭が止まらない。
 不良や暴走族でもなく、ヤクザでもなく、
愚連隊とも違う。
 彼らは純粋な意味での犯罪集団である。
 遊びやファッションの集団ではない。
 この国から、不良がいなくなった。
 学校や地域社会が、彼らを異物とみなして
排除したからだ。
 その結果生まれたのが、半グレ集団である。
 

多数派国家への道

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 7月28日(木)22時50分42秒
返信・引用
   多数派社会、ここに極まれり。
 熱烈な優生学支持者が、少数派の大量虐殺
を実行した。
 少数派抹殺政策―T4作戦の悪夢が、日本
で再現されたのだ。
 わが国はこの事件を機に、多数派社会から
多数派国家へ大きく舵を切るであろう。

 
 

私の上司を紹介します

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 2月 6日(土)20時10分24秒
返信・引用
   彼の言う事は何でも正しい。
 間違っていても正しい。
 しかも彼には、間違いを正しくする能力が
ある。
 間違いは正しく、正しいは間違い。
 彼の名は、親愛なる首領(ドン)。
 

子供の本音

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2016年 1月21日(木)21時07分58秒
返信・引用
   この作文は、埼玉県S市S町在住の小学5
年生 ペンネーム 学生自由クラブが書いた
ものです。

     うちのどくさいしゃ

 ぼくのおにいちゃんは、どくさいしゃです。
 ぼくをおどして、テレビゲームやポテトチ
ップスをひとりじめします。
 おにいちゃんは、むかし、おかあさんから
おなじことをされていました。
 そのうっぷんを、ぼくにぶつけているのだ
とおもいます。

 素直な気持ちがよく表現された作品です。
最近の子供にはなかなか書けないと思います。
 現代は、子供が本音を言えない時代です。
不平・不満を作文に書いただけで危険人物扱
いをされてしまいます。
 なんだかいやな時代ですね。
 

日曜日の夜の憂鬱

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2015年12月 5日(土)20時36分48秒
返信・引用
   日曜日の夜11時。
 彼は部屋の灯りを消し、ベッドに横になる
と毛布に包(くる)まった。
 朝になれば、再びつまらない日々が始まる。
 それは長く退屈な労働の連続だ。
 上司からただ命令されるだけの長い一日だ。
 仕事の中に自分の考えが入り込む余地はな
い。
 休日が待ち遠しくて仕方がない。
 労働者が自由なのは、休みの日だけだ。
 彼はそれだけを支えに働く。
 

新しい進化の形

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2015年11月18日(水)21時02分27秒
返信・引用
   私は、複数の仕事を同時に出来ない。
 今度生まれて来る時は、六本の腕を持つ男
になる。
 これなら、今までの倍仕事がこなせるよう
になる。
 給料の今までの倍になる。
 ―といいなあ・・・。
 

悪魔への小さな反逆

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2015年10月22日(木)20時38分26秒
返信・引用
   私が何をしているように見える?
 日曜大工でもしているとでも言うのか。
 あなたには、私が遊んでいるように見
えるらしい。
 

悪魔の住む会社

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2015年10月 2日(金)21時23分8秒
返信・引用
   私にどうしろというのだ?
 悪魔は私から仕事を奪っておきながら、怠
けているかのように言う。
 自ら仕事をすれば怒り、命令に従えば怒る。
 ここには悪魔がいる。
 我々労働者の魂を蝕む悪魔が住んでいるの
だ!!
 悪魔は労働者から勤労意欲を吸い取り、無
力感を植え付ける。
 私は、表向きは悪魔の命令に従いながら労
働に勤しむ。
 そして、密かに反逆の短剣を研ぐのであっ
た。
 

破廉恥な爆弾

 投稿者: 蕃 一春  投稿日:2015年 9月20日(日)22時45分5秒
返信・引用
   傲慢なる総理が正体を現わした。
 彼は恐怖の大王だったのだ。
 どうしたらよいのだ~~~っ!!
 我々庶民に彼を止められないのか。
 いや、そんな事はない。
 名もなくつまらぬ庶民にも、権力者を震え
上がらせる力がある。
 それを奴らに示してくれよう。
 まず、総理の写真とヘアヌード写真を用意
する。
 ヘアヌード写真の顔に総理の顔を合成する。
 こうして作った総理大臣マン毛ボーボー写
真を百枚用意する。
 都内10ヶ所のデパートの屋上から、総理
マン毛ボーボー写真を10枚づつばら撒く。
 爆弾も銃弾もなく、殺人も暴力もない。
 究極のテロ戦術だ。
 

レンタル掲示板
/24