teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


>ミドリライダーさん

 投稿者:pleasegotme(管理人)  投稿日:2018年 5月21日(月)20時19分8秒
返信・引用
  はじめまして。ようこそ!
洋楽は以前の勢いはまるでないのでなかなか話が合う人と出会うのは厳しい世の中ですね。
もう世代を超えるしかないのです。90年代以前に音楽に出会った人たちはまだまだ居ますのでネットをツールに探していきましょう。ここが少しでもその役に立てばイイのですけどね。。
また遊びに来てください。
 
 

初めまして

 投稿者:ミドリライダー  投稿日:2018年 5月19日(土)11時33分6秒
返信・引用
  26歳男です。いろいろと洋楽を漁っている中で辿り着きました。ここ1、2年で洋楽を聴くようになりました。あまり周りには聴いている仲間はいません。ブルーノ・マーズだけとか・・
管理人さんのレビューにのバンドの曲をネットで聴くと好きなものが多くて俺はパワーポップ、ギターポップ、ブリットポップと言うものが好きなんだなと思っています。まだどういうものなのかはっきり分かっているわけではないのですけど。
まずはご挨拶と思い掲示板にコメントしました。これからも頑張ってください。
 

>maluluさん

 投稿者:pleasegotme(管理人)  投稿日:2018年 4月 2日(月)20時43分50秒
返信・引用 編集済
  年度末お疲れ様でした。
僕もバタバタしてます。4月も引続き。
ご要望にお応えで来たかは恐らく否!なんですけど明らかに前回とは色が違うコンピになったかなとは思っています。
普段選ばない曲もあって作っていて楽しかったです。
きっと持っているであろうアーティストの曲もあえて選びながら、聴いてもらった後にお持ちのアルバム引っ張り出して貰えたなら思惑は成功です(笑)
Pennebaker成功です!
The Cavedogsはhidden trackで曲名がないので空欄なのです。特に思惑はありません(笑)

60's~80'sのほうは他の人へのコンピをお渡ししたのでちょっと申し訳なかったですがノスタルジックに一役買ったのであればちょっとは良かったでしょうか??

ではまた引続きキリ番狙ってください、次回はさらに良いコンピ作れそうです。

 

コンピ盤ありがとうございました

 投稿者:malulu  投稿日:2018年 4月 1日(日)19時27分43秒
返信・引用
  管理人様

191919キリ番コンピをお送りいただき、ありがとうございました。
2月下旬に届いたにもかかわらず、年度末の忙しさにかまけて感想が遅れ、申し訳ありませんでした。

[Disc1]90's~
今回も佳曲ぞろいですが、特に印象に残ったのは
しっとり系の
 「Little Donna」/ Benny Sings(ポップ職人の面目躍如ですね)
 「Hurt Myself」/ Rusty Anderson(ファルセットから始まるサビが秀逸)
アッパー系では
 「My Only Drug」 / Taylor Locke & The Roughs(イントロからフェイドアウトまで構成が完璧)
 「Never Wanna Make Ends You Cry」 / Gentle Brent(1960'sサウンドをコラージュ!?)
既知のため挙げませんでしたが、Pennebaker もいいですね。以前購入したアルバムを聴き返してみます。
サウンドエフェクト的な2曲については「自分で調べろ」というメッセージだと受け取り、検索の結果
The Cavedogs のアルバムを購入することにしました。

[Disc2]60's~80's
万人にお薦めできる往年の名曲ぞろいですね。さすがに知っている曲の方が多いかな。
 「(Just Like) Starting Over」/ John Lennon(曲名に込めた意気込みとは裏腹な運命に涙)
 「Doctor My Eyes」/ Jackson Browne(軽快なメロディーと、皮肉の効いた歌詞とのギャップがすてき)
をはじめ最低10年はご無沙汰の曲ばかりで、懐かしく聴きました。

私の好き勝手なリクエストにもかかわらず、素晴らしい音楽との出合いを提供してくださり感謝しております。
ますますのご活躍を祈念いたします。
 

(無題)

 投稿者:pleasegotme(管理人)  投稿日:2018年 1月25日(木)20時18分38秒
返信・引用
  191919のキリ番でましたー
ありがとうございました
 

キリ番191919

 投稿者:pleasegotme(管理人)  投稿日:2018年 1月21日(日)13時52分20秒
返信・引用
  ■キリ番191919
残り100番きりました。
該当者がいなかった場合はニアピンを設けず延期とします。
191919→193000→194000などで繰り越そうかなと思ってます。
キリ番ゲットされた方はいつも通りメールか掲示板か足あとetc・・・1度何でも良いので連絡ください。
宜しくお願いします。
 

>ヨシユキさん

 投稿者:pleasegotme(管理人)  投稿日:2018年 1月 3日(水)11時53分12秒
返信・引用
  どもども!明けましておめでとうございます。
毎年マイベストアップしてくださってありがとうございます!場末なBBSに勿体ない・・・
1 Mo Troper『Exposure & Response』
はなんと一緒。これには驚きました。イイですよね。30分で終わっちゃうからリピート率も高いしいまだに聴いております。
3 The Mylars『Melody Records』
僕も試聴して気に入ってます。僕がマイベストを作成後に聴いたのでランクインには間に合いませんでした。流石です。

TOP10は結構かぶりがありますが、それでも知らないアーティストが多くて今年後追いさせてもらいます。
ちなみに昨年のヨシユキさんのベストからThe Jangle Band(旧譜の5位)をゲットしたのでした。

では今年もヨロシクです。
 

2017 My Best Album

 投稿者:ヨシユキ  投稿日:2018年 1月 2日(火)22時37分31秒
返信・引用
  今年は自分にとっては豊作とは言えないシーズンだったと思ってたが後半は秀作ラッシュ。今年もやはりそれぞれ甲乙つけがたく毎年のことだけど聴けば聴くほど順位が変わる(笑)
基本的にキャッチーでロックなアルバムが中心の選盤。

1 Mo Troper『Exposure & Response』
2 Propeller『Don't Ever Let This Let Your Down』
3 The Mylars『Melody Records』
4 Smart Patrol『Overaging Underachievers 』
5 Ryan Hamilton & The Traitors『Davil's In The Ditail』
6 The Wellingtons『End Of The Summer』
7 Sitcom Neighborhood『Shag』
8 Bash & Pop『Anything Could Happen』
9 The Loblws & Vista Blue『S/T』
10 Latvian Radio『Pick Your Poison, Pick Your Blues』
11 Ed Ryan『Frious Mind』
12 Gentle Brent『Just Dandy』
13 Derrick  Anderson『A World Of My Own』
14 Brian Jay Cline『Hang Ups』
15 Brenyama『Euphoria Love』
16 Dana Coutryman『The Joy Of Pop』
17 Carpenter Caswell『S/T』
18 The Singles『Sweet Tooth』
19 Jere Mendelsohn『Old Sins,Long Shadows』
20 Brian Lisik & The Unfortunates『We're Sorry...』
21 Pugwash『Silverlarke』
22 Brian Jay Cline『Writer's Block』
23 Matthew Sweet『Tomorrow Forever』
24 Onesie『Leos Consume』
25 Layne『Be The One』
26 Shake Some Action『Crash Through Or Crash』
27 Fastball『Step In To Lights』
28 The Naturals『We Are The Naturals』
29 Cliff Hills『Many Happy Return』
30 The Lunar Laugh『Mama's Boy』
31 Andrew Taylor『From The Outside Looking
In』
32 Wesley Fuller『Inner City Dream』
33 Richard Turgeon『In Between The Spaces』
34 The On and Ons『Welcome Aboard』
35 Daniel Wylie's Cosmic Rough Riders『Scenery For Dreamers』
 

>maluluさん

 投稿者:pleasegotme(管理人)  投稿日:2017年 7月31日(月)14時34分5秒
返信・引用
  どうもです。
大変返信が遅れてしまいました。気が付くのが遅かった・・スミマセン。
しかも管理人も忘れている15周年にまでコメントいただきまして恐縮です!

改めまして、わざわざ感想ありがとうございます。
いつもプレゼントコンピ盤を送った後に、ちょっと違ったなあって後悔がはいるんですよね(笑)
4曲あげていただきましたが、事前情報いただいた時に
「Running Away From Love」 / Taylor Locke
はもうイのイチで好きだろうなと決定した曲です。大当たりしてて良かった。
で、やっぱその辺で攻めるべきだったなと。
また機会があればお作りしますね。

今後とも音の網を宜しくお願いします。
 

コンピ盤ありがとうございました

 投稿者:malulu  投稿日:2017年 7月19日(水)21時24分36秒
返信・引用
  管理人様

コンピ盤をお送りいただき、ありがとうございました。
知っている曲は3分の1もなかった(情けない…)けれど、そのぶん、新しい曲と出合う
喜びに浸ることができました。

元気のよい佳曲ぞろいですが、特に印象に残ったのは次の4曲です。
 「Can't Get Through」/ The Tearaways(さすが管理人様イチオシ!)
 「Running Away From Love」 / Taylor Locke(美メロが心にしみわたります)
 「Gold Coast」 / The Rosenbergs(澄み渡る空のよう。落ち着きますね)
 「Ella Es Azul」 / Volovan(サビの転調が心地よい)

今後もBGMとして、気分を明るくしたいときのカンフル剤として、愛聴しますね。

さて、本日7/19で「音の網」は15周年とのこと。おめでとうございます!
ますますのご活躍を願っております。
 

レンタル掲示板
/68