teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


充実した バス旅行

 投稿者:久しい 楽歩爺  投稿日:2016年 6月13日(月)17時50分15秒 i223-218-195-154.s41.a012.ap.plala.or.jp
  あじさいWは、他会の企画に参加も含め3度目でしょうか?体調万全と云えず、若干不安をもちながら参加しました。
(本当はこんな時、出かけてはいけないのですが、次の機会は来ないような気がしたので・・)
朝の受付、バスの運行と順調なスタート。資料を見ても過去のWとは主旨がしっかりして(千葉氏ゆかりの云々)単なるあじさいWではなく、千葉氏ゆかりの地や古刹寺社を訪ねました。行く先々では、住職さんやボランティアのの解説付きで深い知識のない小生にも興味を持たせるような優しく、理解できる歴史探訪。スケジュールの中味一杯のため、予定時間をかなり押していたのですが、帰路立ち寄りSAをスルー、殆ど定時帰着となり、楽しい、賢いバス旅行に感服しました。
担当の役員さん、心ある企画・運営を有難うございました。ヘルプの役員さんも細かい打ち合わを重ね、適切でスムーズな運営に努めて頂き、僭越ながら参加者の多くを代表して、感謝申し上げます。
次回も素晴らしい企画・運営であることを期待しております。
 
 

熊本地震義援金について

 投稿者:丹羽 豊隆  投稿日:2016年 6月 9日(木)18時06分10秒 110-92-92-203.cnc.jp
   4月14日に発生しました熊本地震に対し、5月例会(5月7日及び26日)において義援金募集活動を行いましたところ、皆様から寄せられた浄財は39,203円に達しました。ちば歩で端数を加算させていただき、6月1日に 40,000円として日本赤十字社千葉支部に納付いたしました。
 赤十字社担当の方からは、被災地は物資調達はうまくいっているが、心のケアーに苦慮されている状況であること、また、義援金は100%全額が被災された皆様に届けられるという説明をいただきました。
 皆さまのご協力に感謝いたしますとともに、ここにご報告いたします。 ちば歩会長 丹羽 豊隆
 

お礼・・

 投稿者:東海道31期同窓会  投稿日:2016年 4月 3日(日)18時37分24秒 p1240-ipbf2803funabasi.chiba.ocn.ne.jp
編集済
  東京の桜の「満開宣言」が出された翌日、印旛沼から印旛新川、花見川はお花見・桜の名所でもある。大和田付近の京成電車の車窓からは
大和田排水機場、下流の新川の岸に広がる桜並木は満開に近いように見え、菜の花の黄色とピンクのコラボが美しかった。
集合場所のユーカリが丘駅には仲間の皆さんが揃っていて、そのまま集合場所のユーカリが丘南公園へ移動、公園には、200名近く参加者
が集まっていました。 東海道同窓会のグループは「美土里ネット印旛沼」の「美土里の路のウオーキング」に参加、印旛沼の歴史と現在の話を
聞きながら歩いてきました。後継者のいなくなり放置された田圃、カルガモを使い無農薬で稲を育てている田圃、害虫、外来種(動物・植物)との
闘い、急激な開発による災害の発生・・農業と開発の共存をどうするか?たくさんの話が聞けました。桜は期待に反して1、2部咲き程度、印旛沼の
湖面を通り抜けた風は少々冷たかったが、スタッフのみなさんの熱心さ、コース途中でのお茶とお菓子の接待、ゴールではちば歩こう会からの
「ご苦労様・お疲れさま」の声をかけられ、ほっこり・・飲み物(お茶orビール)、地元トマトのお土産もありました。
ふるさと公園で昼食・・ちょっと寒かったのですが、風車が回り、地元小学生が植えたチューリップを見ながらの食事は一味違うような気が
しました。寒い一日でしたが、ちば歩こう会、美土里ネットのみなさんにお世話になった楽しいウオーキングでした。
ありがとうございました。今後の行事も楽しみにしています。

 

桜鑑賞ウオーク真間川

 投稿者:丹羽 豊隆  投稿日:2016年 3月28日(月)10時09分39秒 203-114-250-140.cnc.jp
  日頃、ちば歩歩こう会行事にご参加いただきありがとうございます。3/24に実施しました<桜鑑賞ウオーク真間川>は、206名の参加をいただき、法華経寺→弘法寺→里見公園→市川関所跡の13KMを歩きました。午前中は小雨降る中でのウオーキングでしたので、桜もちらほら咲の状態でしたが、いちかわの歴史を堪能していただけたと思っています。ゴール(市川関所跡)でIVVを配布する予定にしておりましたが、運営の不手際で配布できなくなり、参加者には大変ご迷惑をおかけしました。ここにお詫び申し上げます。現在、このような不手際が起こらないような方策を検討いたしておりますのでご容赦いただくようお願い申し上げます。幸いにも、事務局では参加者全員の住所が把握できておりますので、全員に配布さしていただけるとできると判断しておりますので、今しばらくお待ちください。 今後ともちば歩こう会行事に参加いただければ幸いです。
                                ちば歩こう会 会長 丹羽 豊隆
 

設立25周年海外記念ウオーク

 投稿者:丹羽 豊隆  投稿日:2016年 3月16日(水)16時23分47秒 110-92-89-90.cnc.jp
   平成3年4月14日にちば歩こう会が設立されましたので、今年(平成28年)は設立して満25周年の年になります。祝賀式典や国内記念ウオークは昨年度に行ったのですが、海外記念ウオーク(小笠原父島・母島)は本年となり、3/1~3/6の日程で行ってきました。
 この島は世界自然遺産に登録され、小笠原独自種の動植物が見られますが、見どころは、なんといっても小型クルーザーから見るクジラやイルカのウオッチング、それに満天に浮かぶ星の鑑賞でした。
 総勢18人(女性12人、男性6人)と比較的小人数でしたので、船、宿ともゆったりでき、旅費も安く大いに満足しました。5年後は、知床半島、白神山地、屋久島あたりに行きたいねと皆んなと話し合いました。
 

業務連絡・・

 投稿者:@石井  投稿日:2016年 1月22日(金)21時42分9秒 p2054-ipbf903funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  本日、千葉市民活動支援センターで定例のパソコン教室が開催されました。支援センターの担当の方から「3月14日の予約を受けて
いるが、申請書が出ていないので出してほしい」と声をかけられました。
理事会関連、俳句の会に問い合せしましたが、依頼をしていないとの事でした。教室の参加者にも確認しましたが該当なしでした。
支援センターの担当の方も困った様子なので、とりあえず「空き」にしておくことで了解しました。
お心当たりの方が居ましたら、支援センターまで連絡お願いします。

http://chibahohp.sakura.ne.jp/

 

感謝状の御礼

 投稿者:ちば歩 石若  投稿日:2015年12月22日(火)11時52分32秒 i114-184-231-197.s41.a012.ap.plala.or.jp
  25周年記念式典のお目出度い席で、7年ほど続けてきた会報への拙文の投稿に対し、会の広報に寄与したとの身に余る感謝状を頂き、喜ばしくまた恐縮いたしました。
緊張の余り、会場でお礼の言葉も申し述べず、降壇してしまい、帰宅後、大変失礼した事に気付きました。
ここにあらためて「感謝状のお礼」を会長はじめ役員、会員各位に申し上げます。感謝状を有り難く拝受しました。
これからも一会員として皆様と一緒に歩き、語り合いたく思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 

25周年式典・祝賀会

 投稿者:丹羽 豊隆  投稿日:2015年12月20日(日)18時23分27秒 110-92-83-111.cnc.jp
  12/12に設立25周年記念式典・祝賀会をTKPガーデンシティ千葉で開催しました。来賓として、千葉市長、CWA会長、千葉市リクリエーション協会会長や、地域歩こう会の会長をお招きし、参加者は総勢80名弱となりました。今日まで組織を維持・発展させていただきました諸先輩が払われてきた多大なご努力に敬意を表し感謝いたしますとともに、組織を受け継いだ私たち会員はさらに<ちば歩>を発展させ、次代に引き継いでいく責務があると考えております。お互いのもてる力を結集し、楽しい歩こう会を続けていくたいと思っておりますので、皆様のご支援・ご協力をお願いします。 ちば歩こう会会長 丹羽 豊隆  

イヤーラウンドEコース

 投稿者:大岩成徳  投稿日:2015年11月 7日(土)15時28分20秒 softbank126117148171.bbtec.net
  昨日、コース確認のためEコースを歩きました。途中荒屋敷貝塚を右折し、森沿いの小道が30M程水没していました。道はぬかるみ靴を泥んこにして滑りそうになり突破しました。湿地の如き様相を呈し、滑る恐れもあり安全のため今後雨天のルートを当面リコメンドしたいと思います。
勿論11日の月一イヤーラウンドも雨天ルートを歩く予定です。
従来のルートの安全が確認できたら報告します。宜しくお願いします。


 

猫の家

 投稿者:丹羽 豊隆  投稿日:2015年10月 9日(金)10時11分59秒 110-92-83-111.cnc.jp
   「漱石・鴎外を訪ねて」ウオークで二人が住んだ家(猫の家、千朶山房)を訪ねました。今は家は既になく、「夏目漱石旧宅跡」の案内板があるだけです。漱石はこの家を友人・斉藤阿具(歴史学者)から2年間の約束で借り受け、明治36年から38年までを過ごしました。持ち主の斉藤家は、文豪が住んだ家ですので大切に保存することを東京都に願い出ましたが叶わず、やむなく名鉄が経営する「明治村」に移築保存することにしました。明治村がなかったら、この住宅は永遠に消え去るところでした。
 私は、関西から千葉への帰路、愛知県犬山市の明治村を訪ねる機会があり猫の家を訪れました。玄関の上框の横には小さな引き戸が設けてありました。猫の出入り用なのでしょうか。猫は小説通り名前をつけて貰えなかったようですが、漱石に可愛がられていたように思われました。
 来年(平成28年度)の東京文学散歩は3月が小石川、10月が三ノ輪・浅草を予定しております。喜んでいただけるコースをつくり、皆様のお越しをお待ちしています。今回のご参加ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/30