teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


夫婦問題相談会

 投稿者:ら・る~なメール  投稿日:2010年 9月 2日(木)13時15分36秒
返信・引用
  9.11土曜日AM10~PM12:30まで
札幌市白石区民センターにて

離婚・夫婦問題の相談会を行います

夫婦問題カウンセラーによるアドバイスもあります

参加費2000円

http://www.laruna.info/

 
 

ホームページ

 投稿者:めぐ  投稿日:2009年12月 7日(月)23時37分12秒
返信・引用
  このたびは かめの会のホームページが 消去されてしまい 管理不行き届きで 申し訳け ございません


原因究明 と 新しいホームページを模索中です


私たちも困っておりますので ブックマークされているかた は しばらくお待ち下さい
m(_ _)m
 

フリースクールフェスティバル2009

 投稿者:めぐ  投稿日:2009年11月26日(木)21時15分28秒
返信・引用
  主催:フリースクール全国ネットワーク

日時:11月28日(土曜日)午前11時~午後3時

場所:札幌市中央勤労青少年ホーム Let's中央(札幌市中央区南4条東4丁目)
費用:無料



対談:奥地圭子さん(東京シューレ)VS亀貝一義さん(札幌自由が丘学園)

遊んじゃおう!(ストラックアウト・ボードゲーム・木の砂場・カプラ・積み木)

やってみよう!ベトナム料理教室、大道芸教室

子供先着50名にお菓子プレゼント 先着100名にドリンクプレゼント チラシ持参の方)


連絡先 フリースクール札幌自由が丘学園 011-743-1267(金澤)
    訪問型フリースクール漂流教室  050-3544-6448(相馬)
 

2009発達障害理解セミナーのご案内

 投稿者:NPO法人 星槎教育研究所メール  投稿日:2009年11月17日(火)20時00分41秒
返信・引用
  ライフステージに応じた理解と支援
第7回『アイデンティティの確立へ激動の思春期にどう向き合うのか』
講師 田中 康雄 氏(北海道大学教育学研究院付属子ども発達臨床センター教授)

日 時:2009年12月6日(日)13:00~16:00(12:00開場)
場 所:札幌市教育文化会館 札幌市中央区北1条西13丁目
受講料:当日1,000円(全7回DVD付パッケージ受講7,000円)

思春期というライフステージの理解と支援について、児童思春期青年精神医学の第一人者である田中康雄先生と一緒に考えていきます。

【お問い合わせ】
NPO法人 星槎教育研究所 札幌事務局
〒060-0005 札幌市中央区北5条12丁目16
tel:011-208-3111
fax:011-281-9611
e-mail:sapporo@seisa.ed.jp
(担当:遠藤)

http://seisa.ed.jp/sapp/

 

野村さんの本

 投稿者:テン  投稿日:2009年11月 2日(月)10時06分56秒
返信・引用
  かめの会のHPのトップページでもご紹介しています野村さんの本の改訂版が出版されます。
野村さんからのお知らせです。


函館の野村です。
「わが子が不登校で教えてくれたこと・改訂版」を文芸社より11月に発行します。
2005年7月に拙書を発刊し、多くの皆さまからあたたかいご支援やご意見を
いただきましたことに、心から感謝申し上げます。
その後いろいろな集まりでお話させていただく機会が増え、約80回になりましたが、

そこでもたくさんの方々と話し合うことができ、とても勉強になりました。
また、教育情勢なども変化あり、前著を加筆・削除・訂正した改訂版を出版いたします。

第二章はこれまでの体験を「ケースワークの原則」を手がかりに整理、
「いじめ」と「ひきこもり」について独立の章を設けて論じ、
第五章、第六章で不登校施策や教育改革について提言しました。
本体1000円+税で、購入は一般書店やアマゾン、
セブンアンドワイ(http://www.7andy.jp)
クロネコヤマトブックサービス(0120ー29-9625)からも注文できます。
著者宛お申込みの場合は、送料無料(代金は振込用紙)でお送りいたしますので、
皆さまからのご意見・ご批判をお待ちしております。
なお、販売収益は当地の不登校・ひきこもり支援活動に活用させていただきます。

第一章 わが家の不登校体験
 1 追いつめる~長女の体験から  2 受けとめる~次女の体験から
第二章 不登校を理解する~ケースワークの原則から
 1 バイステックのケースワーク7原則   2 子ども一人ひとりの違いを認めよう
 3 「自己決定」の力を信じよう       4 原因探しより「受けとめる」ことを
 5 親の価値観を押しつけない       6 子どもの感情表現を大切にしよう

 7 親は常に自分の感情や態度を自覚しよう
第三章 「いじめ問題」にどう対処するか
 1 わが家のいじめ体験から学んだこと  2 子どもの安全・安心を第一に
 3 「いじめ」を防ぐために必要なこと
第四章 「ひきこもり」の理解と支援のために
 1 不登校は「ひきこもり」の原因か?   2 「ひきこもり」支援で心すべきこと
 3 当事者(自助)グループの大切さ    4 家族会などでよく出される悩み
 5 「失敗の自由」を保障しよう
第五章 学校や教育行政に望むこと
 1 家庭と学校の上手なつきあい方      2 学校復帰を目的化しないでほしい
 3 学校ペースの働きかけは控えてほしい  4 家庭への働きかけで配慮してほしいこと
 5 安易なパターン化は有害無益       6 「進路指導」に願うこと
 7 学校だけで抱え込まない
第六章 不登校「問題」解決への道
 1 増え続ける不登校か示すもの      2 学校運営にもケアマネジメントを生かす
 3 学校の「バリアフリー化」を進めよう   4 スクールソーシャルワークの正しい活用を
 5 多様な「学びの場」を保障しよう     6 フリースクールネットワークからの提言
 7 「道草」や「回り道」を大切に
===============================
野村 俊幸    tnomura@sea.ncv.ne.jp
    (携帯)090-6261-6984
    (FAX)0138-57-3041
『わが子が不登校で教えてくれたこと・改訂版』
 2009年11月発行 文芸社 1000円+税
http://www.geocities.jp/futoukoubook/
==================================

http://・

 

日置さんの本

 投稿者:テン  投稿日:2009年10月29日(木)11時16分25秒
返信・引用 編集済
  書店に並ぶのを待ち切れず、冬月荘さんにFAXして送っていただきました。
昨日届いたので、一気に読み終えました。

NPO活動を美味しい料理のレシピになぞらえて、書かれています。
ちょっとだけ

レシピ1
マザーグースの会

材料(分量)
障がい児の親(できるだけたくさんの種類と量)
子育て文化のギャップ          少々
素敵な出会いをとりもつ地域の本屋さん  一人
共感性               たくさん
仲間意識                少々

料理のコツ
素材の違いを引き出すのは共感性です。仲間意識を入れすぎるとやさしいあじわいがそこなわれるのでご注意を。スパイスは違った素材を引き合わせる地域の人の存在です。

*****

レシピは50まで。
一人ひとりの力は小さくても、たくさんの人が力を出し合うことでおもしろいことができる。日々の中で疑問に思ったことを流してしまわない、苦しいことは苦しいと言ってみる、楽しい人生を自分でデザインし、壁にぶつかったら仲間に相談してみよう、そんなことならだれにでもできるはずだ~

と述べています。

その過程で誰も責めない

****

子どもの障がいを知ってもショックを受けなかったのに、「子育てを否定される」のはひどくショックで忘れることはできません。

というところでは、不登校の子供の母たちも同じ経験をしているな~
と共感しました。

***

近日中に書店に並ぶのでしょうが、早く手にとって読みたい方は、
冬月荘さんにFAXで申し込むと、送料無料で送っていただけます。

冬月荘 0154-65-1465
①購入冊数
②住所
③氏名
④電話番号


注文フォームがあります。
http://n-salon.org/kihon/hiokibook.shtml

http://・

 

親の会フォーラム

 投稿者:テン  投稿日:2009年10月23日(金)18時42分7秒
返信・引用
  今年9月に「フリースクール等で子どもを育てる親の会」が設立されました。
「どの子も自分らしく生き、安心して学べる機会を得られることを願って活動していこう」と結成されました。

上記の会が
「親の会フォーラム」を開催します。

日時:2009年11月20日(金)18時~20時
場所:札幌市民ホール第一会議室(札幌市中央区北1西1)
主催:フリースクール等で子どもを育てる親の会
後援:北海道フリースクール等ネットワーク

●保護者の話と会場ディスカッション
●アドバイザー 姉崎洋一氏(北海道大学教育学部教授)

<問合せ先>フリースクール等で子どもを育てる親の会事務局
      TEL&FAX 011-752-2333
      E-mail rutchi_co@fuga.ocn.ne.jp(平山)

北海道フリースクール等ネットワークのサイトから、チラシなどご覧になれます。
http://www13.ocn.ne.jp/~fs_net/

http://・

 

講演会のお知らせ

 投稿者:テン  投稿日:2009年10月23日(金)18時07分10秒
返信・引用
  江別の「もぐらの会」さんから案内をいただきました。

■内田良子さんと考えよう!「いじめ・不登校・ひきこもり」
・日 時:11月21日(土)午後2時~5時
・ところ:ドラマシアターども(江別市2条2丁目7-1 電話011-384-4011)
・参加費:800円(直接会場へおいでください。どなたでも参加大歓迎です。)

・講演会
・滝川いじめ自殺事件裁判の経過報告
・公開相談会(内田さんが直接相談に答えてくれます)
・質疑応答

主催 江別登校拒否と教育を考える会「もぐらの会」
後援 江別市教育委員会
後援 ドラマシアターども

お問い合わせ 電話 011-385-9656(有)フレックス内 谷口由美子

HPアドレス http://homepage2.nifty.com/moguranokai/

http://・

 

11月の活動予定

 投稿者:テン  投稿日:2009年10月23日(金)17時51分38秒
返信・引用
  例会
■日時■11月20日(金)午後1時~4時半
■場所■石狩栄光教会(石狩市花川南5条1丁目133 電話0133-73-3487)

※10月末の釧路でのイベントに参加予定の方をお招きして、報告会をします。
(冬月荘の活動ほかについてです)

事前に連絡をとりたい方は
HPトップのメールの所から、お願いします。

http://・

 

星槎教育研究所セミナーのご案内

 投稿者:星槎教育研究所メール  投稿日:2009年10月23日(金)11時53分27秒
返信・引用
  突然の書き込み失礼いたします。
NPO法人星槎教育研究所ではセミナーを開催いたします。

日時:平成21年11月21日(土)13:00~17:00

場所:函館市勤労者総合福祉センター(サンリフレ函館)視聴覚室
   住所:函館市大森町2-14
   電話:0138-23-2556

内容:第1部 シンポジウム 13:30~16:00
   テーマ:「不登校・ひきこもりと地域・家庭との関わり」
   コーディネーター:野村 俊幸氏(前 渡島保健所子ども・保健推進課長)
   シンポジスト:高柳 滋治氏(小児科医)
   シンポジスト:岩田 昌子氏(発達障害支援センター あおいそら 相談員)

   第2部 講師を囲む会 参加団体実践報告会 個別相談会 16:00~17:00

資料代:500円

時節柄ご多忙のことと思いますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

【お問い合わせ・お申し込み】
 NPO法人星槎教育研究所 札幌事務局
 (星槎国際高等学校 札幌学習センター)
 〒060-0005 札幌市中央区北5条西12丁目16
 TEL:011-208-3111   FAX:011-281-9611
 E-mail:sapporo@seisa.ed.jp
 

レンタル掲示板
/21